日銀が異例対応、保有国債の損失に備えて国庫納付を大幅減!


【転載開始】

■日銀が異例対応、保有国債の損失に備えて国庫納付を大幅減!
  初めて4500億円の引当金!緩和の反動が・・・

☆日銀、国庫納付を大幅減 引当金4500億円積む 
URL http://www.nikkei.com/article/DGXLASGF20H0F_Q6A520C1EE8000/
 日銀は将来の金融緩和の「出口」で保有国債に損失が生じる事態に備え、
2015年度に初めて4500億円程度の引当金を積む。
これに伴い日銀の利益が目減りし、15年度に政府に納付する金額は大幅に減少する。
単年度でみれば量的・質的金融緩和(異次元緩和)のコストが国民に転嫁されることになる。


☆日本銀行の利益はどのように使われていますか? 国庫納付金とは何ですか?
URL https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/outline/a25.htm/
日本銀行が得た最終的な利益、すなわち、所要の経費や税金を支払った後の当期剰余金は、
準備金や出資者への配当に充当されるものを除き、国民の財産として、
国庫に納付されます(日本銀行法第53条)。これを国庫納付金といいます。

海外の主な中央銀行でも、ほぼ同様の制度が設けられています。
これは、国が中央銀行に対して、銀行券を独占的に発行する権利を与えていることにより、
通貨発行益が生じるからです。

わが国の場合、日本銀行は、各事業年度終了後2か月以内に国庫納付金を
納めることになっています。
この納付金は、当該事業年度における国の一般会計の歳入金となり、
最終的には一般会計の歳出を通じて国民に還元される仕組みとなっています。

【転載終了】

***************************************

個人的には詳しくわからないのですが、日銀に余裕が無くなってきたということの様です。

日本国債を買っている投資家達が「日本国債のリスクが高まった」と判断することになり、
国債の売りが増えるということになるようですので、日本国民に返還される利益も無くなり、
日銀や国債の雲行きが怪しくなってきた様です。

黒田バズーカの負のコストが国民の借金という形でツケ回しされるのでしょうね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR