超円高が決算発表ラッシュを襲う・・・?


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■適正水準は1ドル=93円 超円高が決算発表ラッシュを襲う<2016年5月10日>

dffdc59569af9880f065b92de65cd4dc20160509121551479_262_262.jpg 


 GW中の円高は序章に過ぎなかった――。市場が警戒を強めている。

「GW直前は1ドル=111円台でしたが、日銀が追加金融緩和に踏み切らなかったことで、
一気に円高が進み、3日には一時105円台を付けた。GW中に6円も円高が進んだのです。
為替相場は極端に不安定になっています。急激な円高が再び出現する恐れは高いでしょう」
(市場関係者)

 麻生財務相の「極めて一方的に偏った投機的な動きが見られる。
極めて憂慮する」という為替介入をにおわせる発言(3日)で、
市場はいったん落ち着きを取り戻した。

「ただし、円高の流れは止まっていません。米財務省は日本を為替操作国に認定しようと
しているし、今月26~27日は伊勢志摩サミットが開催されます。日本は動けないと
投機筋が判断したら、とてつもないスピードで円高が進む危険があります」
(株式評論家の倉多慎之助氏)

 経済協力開発機構(OECD)や世界銀行が、
物価から算出した購買力平価は1ドル=105円程度だ。
このレベルまで円高は進むと読む市場関係者は多いが、
株式アナリストの黒岩泰氏はこう言う。

「物価に加え、国の経常収支、長期金利が為替に大きく影響します。
私がこの3つを基にしてドル円相場の適正水準を算出したところ、1ドル=93円でした」

■大手企業の想定レートは110円

 今週は決算発表(2016年3月期)が本格化するが、
1ドル=100円以下を想定する企業はまずない。
先週までに発表を終えた大手企業の想定為替レート(17年3月期)は三菱電機やファナック、
コマツが105円、オリンパスが108円、京セラやマツダ、伊藤忠商事、
トヨタ系自動車部品メーカーのデンソーは110円、パナソニックは115円だ。

 1ドル=110円が最多だが黒岩氏がはじいた“適正水準”の93円とは17円の開きがある。

 トヨタ自動車は1円の変動で約400億円の為替差損(差益)が出るといわれる。
日産自動車やホンダは110億円だ。

「あくまで仮定ですが、1ドル=93円になると、トヨタは6800億円の利益が吹き飛ぶ
計算になります」(市場関係者)

 円高不況を覚悟したほうがよさそうだ。

【転載終了】

****************************************

連休明けの市場は予想に反し、株高円安です。

此の辺の動きがよくわからないのですが、外資が買っているのか?

先日、アノニマスが世界中の中央銀行攻撃を宣言しているのですが、
システムを混乱させる攻撃は過去ありましたかね~?

今後30日間ということなので、G7がターゲットなのかも?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR