4月の外国人買いは一過性のもの・・・


四季報より。

【転載開始】

■4月の外国人買いは一過性のもの<T&Dアセットの神谷エコノミストに聞いた>

 ーー4月に入ってから、海外投資家が3週連続で買い越しに転じまています。
外国人買いは再び本格化するのでしょうか。あるいは一過性のものでしょうか。

 主体的な買いではなく、あくまでも一過性のものだ。
4月初旬に大きく調整したマーケットが反発する動きにヘッジファンドなど
短期のマネーが追随したにすぎない。
長期でみて、日本株が有望といった理由で買っているわけではないだろう。

 海外の年金基金や投資信託、ソブリンウェルスファンド(SWF)は、
長期的に日本株を売る動きを続けていると見ている。
その背景は大きく二つだ。

 一つは、原油価格の下落に伴うオイルマネーの縮小。
特に中東のSWFの間で資金を引き揚げる動きが顕著だ。
ノルウェーの年金基金の日本株保有はさほど減ってはいないとみられるが、
大きな買いが入るような状況ではない。

 二つめは、米国の連邦準備制度理事会(FRB)が進めているバランスシートや
金融政策の正常化の動きだ。

 外国人投資家が日本株を買う理由も乏しい。
海外勢がカントリーアロケーション(国別の投資配分)を引き上げやすいのは金融緩和、
もしくは経済構造の変化が起きているタイミングだ。
インドネシアなどでは今、まさに経済構造の変化が起きている。

 しかし、日本の場合、日銀の金融緩和策に行き詰まり感が出てきた。
2月に導入したマイナス金利の効果についても見極めている段階だ。
アベノミクスによる財政政策や構造改革に関しても、
掲げている目標に対しては物足りないものとなっている。

 これ以上、公共投資を増やしたとしても、人手不足もあってその効果は限定的だ。
電力自由化や農業改革など構造改革もいろいろとやってはいるが、
なかなかその成果は見えない。
2%の物価、3%の名目成長率という目標は明らかにとん挫していると言えるだろう。

 海外投資家は2012年11月以降、アベノミクス、
特に金融政策への期待から日本へ資金を振り向けてきたが、現在は引き揚げられている。
すでに多くの日本株を売却しているため、
これからは緩やかなペースでの市場からの資金流出となるだろう。

 ーー米シカゴオプション取引所のVIX(ボラティリティ・インデックス)の足元の推移を見ると、
「警戒圏」には達していませんが…。

 「(投資家がリスク資産へ資金を積極的に振り向ける)リスクオン」の状態にはないと
みている。国際的な流動性の指標であるワールドダラー(米国のマネタリーベースと
米国以外の国が外貨準備として保有するドルを足し合わせたもの)は14年から伸びが
止まっており今後、緩やかに減少しそう。つまり、世界に流通するドルの量は収縮ぎみだ。
もはや「カネ余り」とは言えない。

 ーー昨年4月には海外勢が日本株を2兆円近く買い越しました。

 例年、4月になると新年度入りで買いが膨らみやすいが、今年は違う動きとみている。
4月初旬に大きな買いが入ったのは確かだが、どの投資主体かは定かでない。
繰り返しになるが、そうした買いに短期筋である海外ヘッジファンドが乗ったという構図だ。

 ーー経験則では、為替変動が日本企業の業績に及ぼす影響は大きく、
海外投資家の売買もドル・円相場に連動することが多い。
円高が進むと外国人買いも増えにくくなりますね。

 法人企業統計を見ると、単体ベースの売り上げと営業利益はほとんど増えていない。
一方で営業外収益が増加している。
海外からの配当収入によってカサ上げされた面が大きい。
それを考えるとやはり、為替変動の影響は大きいといえるだろう。

 ーー一方で、国内大企業の手元資金がかなり積み上がっています。

 日銀の追加金融緩和で今後、マイナス金利の水準がさらに低下すると、
いわゆる逆ザヤに直面する銀行は企業の大口預金に対して
手数料をかけることが予想される。
この手数料は額としては小さいものだろうが、
ムダな資金を銀行口座に置いておくことを避けるため、
企業が自己株買いなど株主還元をこれまで以上に積極化させる可能性がある。

 そうなると、金利を生む商品、REIT(不動産投資信託)や
株式の配当利回りにはこれまで以上に注目が集まりそうだ。
株価のボラティリティが低いうえ、配当利回りも高くキャッシュリッチといった
条件を満たす銘柄には投資家のおカネが向かいやすくなるだろう。

(聞き手:四季報オンライン編集部 島 大輔、松崎 泰弘)

【転載終了】

****************************************

ファンドマネーはどこに行くのでしょうか・・・?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR