国内景気、企業の7割が「横ばい」・・・


ヤフーニュースより。

【転載開始】

■国内景気、企業の7割が「横ばい」 過度な円高進行を懸念

 足元の国内景気について企業の約7割が「横ばい」とみていることが3日、
フジサンケイビジネスアイが主要企業121社を対象に行ったアンケートで分かった。
「やや悪化している」を含めると約8割に達し、
多くの企業が日本経済は停滞局面にあると認識していることが浮き彫りとなった。
年末までの懸念材料として「過度な円高の進行」を挙げる企業が業種を問わず多かった。

 アンケートは4月中旬から下旬にかけて実施した。
無回答を除いて計算したところ、全体の67%が「横ばい」、
13%が「やや悪化している」と答えた。
これに対し、「やや拡大している」は18%、「拡大している」は2%にとどまった。

 「やや悪化している」と答えた企業を対象に理由(2つまで)を聞いたところ、
最も多かったのが「個人消費の低迷」だった。
「所得増を実感している人が少ないのか、力強い消費が感じられない」(外食)
との声があった。
このほか、「海外経済の低迷」や「原油・資源価格の下落」などがあった。

 年末までの国内景気の懸念材料については「過度な円高の進行」が多かった。
円相場は昨年末に1ドル=120円台だったが、3日の海外の外国為替市場で、
一時1ドル=105円台まで急騰。
円高は、輸出企業の収益を圧迫するほか、輸入物価の下落を通じてデフレ圧力にもなる。

 一方、足元の海外景気については「やや拡大している」との回答が最も多く、
全体の46%を占めた。
「横ばい」は30%で、「やや悪化している」は23%、「悪化している」は1%だった。
「米欧など先進国が引っ張る形で、緩やかながらも拡大基調をたどっている」(保険)
とみている。

 海外景気の懸念材料(2つまで)では「中国経済のハードランディング(急激な悪化)」が最多。
昨年8月の「中国ショック」や年明け以降の金融市場の混乱を踏まえ、
「中国経済の減速が、日本経済にとっての最大のリスク要因」(証券)
という警戒感は今も根強いようだ。

【転載終了】

****************************************

アメリカの景気減速が言われている中で、
保険会社が景気が拡大しているという根拠は何なのだろう?

016年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+0.5%となり、
プラス成長が続く過去2年間において最も低い成長率に留まった。
設備投資、輸出の減少幅が拡大したことに加えて、
全体の下支えとなってきた個人消費の伸びが前期から減速したため、
GDP成長率は3四半期連続で鈍化した。

ただ、米国経済の最大のドライバーである個人消費については市場予想を上回り、
ヘッドラインの下振れを悲観視するほど内容は悪くないと考えられる。
とも報じられています。

しかし、ドルが他通貨に対し全面安なので、輸出などにはマイナスとなりそうであり、
アメリカ国内消費の落ち込みも考えられます。

後は、円高による海外観光客の減少と、輸出産業(自動車など)の鈍化、
中国の海外で購入した物品を国内に持ち込む際に課せられる
「行郵税」の税率が一新され、同時にこれまで存在した免税枠が廃止されたので、
完全にインパウンドが終了するのではないかという懸念でしょうか。

連休明けの市場動向がカギなのかも知れませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR