早くも数値水増し・・・?


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■早くも数値水増し 政府「保育&介護士」月給増のマヤカシ<2016年4月28日>

「待機児童ゼロ」「介護離職ゼロ」の「1億総活躍」の実現に向け、
安倍首相が来年度から保育士の月給6000円増、
介護士は1万円アップの方針をブチ上げた。
ベテラン保育士はさらに厚遇し、最高4万円程度上げるというが、
この大盤振る舞いには早くもデータ水増し疑惑が浮上だ。

「1億総活躍国民会議」の資料だと、女性保育士の平均月給は26万8000円。
最高4万円上げれば、
就業女性の全産業平均の月給31万1000円にほぼ到達する算段だ。
介護士は平均26万2000円。
1万円アップで、
飲食など競合他産業の平均月給27万4000円と同水準になるとはじいている。

 ところが、厚労省の「賃金構造基本統計調査」によると、
保育士の平均月給は21万9000円、介護士は同22万3000円で、
全産業平均より約10万円も低い。
今回のデータは“手心”が加えられているようにも見える。
内閣官房・1億総活躍推進室に問い合わせると、こんな答えが返ってきた。

「今回の数値は、厚労省の同じ調査結果を基にしているが、平均給与の計算には
ボーナス分を含めています。月給プラスボーナスを単純に12で割った結果、保育士、
介護士ともに月給26万円を超える水準になりました」(担当者)

 とはいえ、「月給26万円超」が、本当に保育士と介護士の給与実態を表しているのか。
待機児童問題に詳しい「認定NPO法人フローレンス」代表理事の駒崎弘樹氏はこう反論する。

「ボーナス分を加味したとしても、実際よりも相当な高水準です。東京の公立認可保育所の
保育士ならば、26万円くらいもらえるかもしれませんが、認可外の保育士の多くは
非正規雇用で、月給16万円程度。今回の数値は、低賃金の保育士のデータを除外して、
都合よくカサ上げしたと疑われても仕方がありません」

 介護士の給与水準はどうなのか。

「昨年4月に介護報酬が2%超も引き下げられたことで、介護施設の運営者はなかなか
賃金の引き上げに踏み切れない現状です。実際は、月十数万円程度しかもらえない方が
多いようです」(介護士の待遇問題を国会で追及する民進党・山井和則衆院議員)

 今回の政府案、実効性は推して知るべしだ。

【転載終了】

****************************************

http://minkara.carview.co.jp/userid/457233/blog/37772428/の捕足です。

どう見ても、選挙対策ですよね!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR