日銀が鍵握るGW明け市場・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■日銀が鍵握るGW明け市場 「1ドル100円割れ」の衝撃予想も(2016年4月28日)

 日銀の出方によっては、GW中や、連休直後に市場は大混乱に陥る。
27日から2日間、日銀は金融政策決定会合を開くが、
市場は「何らかの追加緩和策を打ち出す」と見ている。

 有力な中身は、「日銀が金融機関に対する貸し出しでマイナス金利を適用する」だ。

「マイナス金利での貸し出しは、銀行への“補助金”と同じだという批判がありますが、
“補助金”で銀行の業績が上向けば、マーケットにはプラスです。歓迎すべき
施策でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 それ以外にも、「ETF買い取り枠の拡大(現在の年3兆→10兆円)」や
「買い入れる国債の対象期間拡大」などが取り沙汰される。

「金融政策決定会合の結果が伝わるのは、28日の昼前後です。『追加緩和なし』だったら、
市場は失望し、株価は急降下するでしょう。そんな最悪の状態で、翌29日以降のGWに
突入します。GWはただでさえ円高が進行しやすいので、円高・株安に襲われることに
なるでしょう」(株式アナリストの黒岩泰氏)

■“超”円高の危険

 GW中は、連休と無縁の海外勢が円高を仕掛けるといわれる。
現在は1ドル=110円水準と円安傾向だが、逆方向に大きく振れる恐れは高いのだ。

 ここ数年の4月下旬から5月中旬にかけての為替相場の値動きを追うと、
2008年は1ドル=105円→102円、09年は99円→94円、
12年は81円→79円と、確かに円高が顕著になっている。

「今年は5月26~27日の伊勢志摩サミットが控えているだけに、例年以上に危険です。
今月開かれたG20で、各国は通貨安競争をしないと約束したばかりです。少なくとも
サミットが終わるまで、政府や日銀は、円安誘導と受け取られかねない施策を打てません。
そこを金融マフィアに狙われたら、ひとたまりもない。ハイパー円高にまっしぐらです」
(証券アナリスト)

 GW明けの日本市場は大惨事だ。

「1ドル=105円という超円高が出現するかもしれません。そうなると、日経平均は
年初来安値の1万4865円を大きく割り込み、底値が見えなくなります。負の連鎖で、
為替は1ドル=100円割れもあり得ます」(黒岩泰氏)

 大型連休のあとに修羅場が待っている。

【転載終了】

***************************************

追加緩和の期待とすれば、昨日は上がってもよさそうな気がするのですが、
下がっていましたし、為替はほとんど動きなしでした。

雰囲気としては“日銀のマイナス金利拡大”ですが、市場は慎重に様子見・・・
ということなのでしょうかね?

先物夜間取引では期待買いだと思うのですが?

年初めの予測では5月暴落という予測もありましたね・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR