震災でも諦めていない 衆参W選「7・31投票」・・・?


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■震災でも諦めていない 衆参W選「7・31投票」プラン急浮上(2016年4月21日)

「首相、衆参同日選を見送り」― ―。
安倍首相がダブル選挙を断念したと大手メディアが一斉に報じている。
20日、政府高官が公明党の幹部に「衆院解散はない」と伝達したという。

 自民党議員からも「今は震災復旧に全力を尽くすべきだ」と、
ダブル選を否定する発言が相次いでいる。

「大きな被害を受けた熊本では、参院選をやるだけでも大変です。阪神・淡路大震災や
3・11の時は、被災者の所在の把握も難しくなり、統一地方選を延期しています。
衆参同日選となったら、担当職員も大幅に増やさないとならない。地震が起きる前は、
国会会期末の6月1日に解散し、7月10日に衆参同日選というスケジュールが
有力視されていましたが、もう、この日程は無理でしょう」(自民党関係者)

 選挙実務が大変なだけでなく、7・10のダブル選は、
有権者に「震災復興より政局を優先している」と批判され、
自民党にとってマイナスになりかねない。

 しかし、安倍首相はまだ、衆参ダブル選を諦めていないという。

「もともとダブル選が囁かれていたのは、安倍自民党にとって有利だからです。野党の
選挙協力が難しくなるし、7月選挙なら野党は衆院選の準備が間に合わない。
それにこの先、時間が経つほど景気が悪くなるので、秋以降は解散を打ちづらくなる。
たとえ震災があっても、ダブル選を実施したいのが安倍首相のホンネです。でも、
さすがに6月1日の衆院解散は、被災者から強い反発を受ける。そこで、国会の会期を
1カ月延長し、被災地支援のための補正予算を成立させた上で、7月1日に解散する
というアイデアが浮上しています。震災から2カ月半の時間が過ぎていれば、
被災地も復旧している可能性がある。その場合は、7月31日(日)が投票日の
衆参ダブル選挙になります」(政界関係者)

 この国会は、最長7月25日まで会期を延長できる。
その時は、衆参ダブル選挙の投票日は8月21日になるという。

【転載終了】

**************************************

いま安倍首相は、北海道の補選に意識がいっているという情報もあり、
衆参W選挙の可能性も否定できないかも知れませんね?

又、「激甚災害指定」を早期にしなかったのは外遊を優先した、
という貴重な情報を拙ブログをお読みいただいた方からいただきました。
     ↓
http://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-114912.html?page=2

「緊急」と「非常」の違いは、本部長等が違います。
「緊急」は、本部長は総理、副本部長は国務大臣となります。
「非常」は、本部長は国務大臣となります。

従って、「緊急」だとGW期間中も対策本部に拘束される可能性が高くなります。
これを嫌っての事だと思います。

ということのようです。

因みに、外遊日程は4月29日~5月7日帰国。
欧州各国やロシアだそうですが、一日前倒しと日程短縮の検討はしているようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR