安倍首相“自爆”が招くアベノミクス終焉・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■発言裏目で円急騰 安倍首相“自爆”が招くアベノミクス終焉(2016年4月8日)

 加速する円高、株安に安倍政権は真っ青だ。
7日の円は一時、1ドル=108円台まで買われ、
同日の日経平均は34円48銭高とはいえ、
前日までは約3年5カ月ぶりに7営業日続落。
この間の下げ幅は1400円超で、
6日の終値1万5715円36銭は約2カ月ぶりの安値水準だった。
もっとも、拍車を掛けたのは当の安倍首相だから、泣くに泣けない展開である。

 市場が反応したのは、
6日に掲載された米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビュー。
本人は伊勢志摩サミット前の国際PRのつもりでいたのだろう。
5日午後4時過ぎに取材を受けた安倍首相は、
「通貨安競争は絶対に避けなければならない」
「恣意的な為替市場への介入は慎まなければならない」などと発言したのだ。

 市場は「円が急騰しても介入しない」と受け止め、
さらなる「買い」を誘発。
円安株高が生命線のアベノミクスを自らの手で幕引きした格好なのだから、マヌケな話だ。

■マーケットが“無視”

 経済評論家の山崎元氏は、「取材当日は円高が進んでいる最中でしたから、
WSJが質問を投げるのは当然の流れ。それに、安倍首相は“原則論”
で応じてしまった」とこう続ける。

「為替操作が疑われる中国や韓国が念頭にあり、先進国メンバーとして
スタンスの違いを打ち出したかったのでしょうが、〈相場が急変した場合は、
その限りではない〉とか、ひと言あってもよさそうなもの。マーケットの動向に
敏感な安倍首相なら、なおさらです。海外の投機筋は、どこまで円高に
振れるか試しているので、あと5円程度は円高に動いてもおかしくありません」

 5日には日銀、財務省、金融庁の幹部が顔をそろえ、
国際金融資本市場について意見交換する定期会合を開いた。
円高を牽制するもくろみだったが、安倍首相の口が災いしてすべてパー。
日銀の黒田総裁はマイナス金利による円安効果を盛んに強調しているが、
マーケットから無視されている。

 3月の日銀短観によると、
企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は2四半期ぶりに悪化。
大企業製造業の2016年度の想定為替レートは1ドル=117円46銭で、
このままでは業績の下方修正は避けられない。
保守的なトヨタは115円の設定だが、
1円のブレで営業利益が200億円も吹き飛んでしまう。

 このところの安倍首相は、やることなすこと裏目だ。
待機児童問題を突き放したことで子育て世代の反感を買った。
「どうせ消費増税を再延期するなら、今年の春闘前に発表しておけば
ベアはもっと期待できた」(市場関係者)との声も上がる。
完全に策に溺れている。

【転載終了】

*************************************

昨夜の為替は結構早い時間に107円台にタッチしましたし、
先物がすべてマイナスであり、NYはマイナス174ドルなので、
今日の日経は107円台にいくか、株価マイナスは確実ですね。
それとも介入して、一時的にも円安向かうか?

安倍首相はアメリカのドル高懸念にリップサービスで答えたつもりでしょうね。
介入を約束したようなものですから、利用されますよね。

財務省も日銀も安倍発言を口先介入で払拭したかったのでしょうがね~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR