パソナ子会社への「強制出向」 社員の猛反発で撤回の過去・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■パソナ子会社への「強制出向」 社員の猛反発で撤回の過去(2016年4月7日)

 人材大手パソナが追い詰められている。子会社「日本雇用創出機構」に、
大手企業で退職勧奨に応じない社員の“強制出向”を受け入れ、
業務とは名ばかりの「再就職先探し」をやらせていたが、
5日夜から全78社の「株主・賛助会員企業」を記載したウェブページが、
なぜか閲覧不能になっている。

 日刊ゲンダイ本紙や国会での追及におじけづいたのか。
後ろめたくなるのもムリはない。
パソナ機構には、社員らの反発を招き“強制出向”をはねつけられた過去がある。

“強制出向”の無効を勝ち取ったのは、
国会でも問題視された電気機器大手「アルバック」の社員だ。

 アルバックは2012年12月1日付で十数人の社員に、
パソナ機構への出向を命じた。
反発した社員らは翌13年2月にアルバック労組へ「出向取り消し」を申し入れ。
労組は経営陣に、「労働紛争のあっせん」を要請した。
同年6月に労組代理人の岡田尚弁護士の仲介で、
出向が取り消されるに至ったという。

「アルバックの経営陣は、日本雇用創出機構への出向取り消しについて、
『出向期限満了』と説明しました。しかし、当時のケースは、労働契約法が禁じる
『会社側の人事権の乱用』に当たることは明白でした。経営陣は『社員本人の
意に反する出向だった』と認めたのです」(岡田弁護士)

 そもそも、「社員本人の意に反する出向」なのは当初から分かり切ったこと。
出向を命じられた社員らは皆、猛反発し、
「(パソナ機構の)社員から職務経歴書や履歴書を書くよう命じられたが、
一切書かなかった」
「延々とパソコンの前に座らされ、職探しをすることに納得できず、
ずっと本や新聞を読んでいた」
「何でこんな所で職探しをしなければいけないのか」
「こんな出向はあり得ない」との声を上げていたそうだ。

 パソナ機構が“違法強制出向”を受け入れていたのは歴然だ。

 パソナグループ広報室は
「個別企業のご利用に関しては申し上げることができません」と回答。
「ご理解下さいますようお願い申し上げます」との一言を添えた。
“強制出向”させられた社員はとても理解できないだろう。

【転載終了】

**************************************

日本の雇用体系を壊した元凶ですからね~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR