「老後の備え」に何をすべきか・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■マイナス金利時代の資産運用 「老後の備え」に何をすべきか(2016年3月21日)

 老後生活は「心配である」と回答した世帯は80.6%に達した。
金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2015年)の結果だ。

 心配の理由は「年金や保険が十分ではないから」(72.5%)。
しかも、マイナス金利に突入し、普通預金の金利は0.001%。
100万円を預けて、利息は年10円だ。
マイナス金利は他の金融商品にも波及し、貯蓄型の生保は成り立たなくなっていく。

 いったい庶民は、どうやって老後に備えればいいのか。

「資産運用としてメリットが高いのは確定拠出年金で、税制優遇が魅力です。
所得税や住民税などの約3割が戻ってきます。毎月5万円を積み立てると、
年間で60万円。年収にもよりますが、確定申告すれば、18万円ほどが
キャッシュバックされます。マイナス金利時代には有効な運用方法といえます」
(ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏)

 確定拠出年金とは、いわゆる401kだ。
株式や債券などで運用する投資信託だけにリスクはあるものの、
税制面ではかなり有利だ。
企業型と個人型がある。勤務先に401kがなければ、個人型に申し込めばいい。

 いま人気上昇中の金投資はどうなのか。

「金は危険です。マイナス金利が導入されたことで、為替の振れ幅が大きくなっています。
金は為替変動の影響を受けるので、大損してしまうかもしれません。マイナス金利
といっても、個人の預金がマイナスになることはまずありません。だから定期預金に
置いておくのも手だと思います」(紀平正幸氏=前出)

 高齢者世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯)の家計は
毎月6万1560円の赤字となっている(総務省の家計調査)。
1年間に約74万円が不足し、10年間では740万円の持ち出しとなる。
マイナス金利時代の資産運用を間違えると、老後破産にまっしぐらだ。

【転載終了】

************************************

官庁の職員(幹部候補)をアメリカではなく北欧に留学させるべきですね。
アメリカなどに留学させても洗脳されて帰ってくるだけです。

北欧で社会保障の勉強をしてくるべきですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR