IMFが「世界経済の破綻間近」と声明を発表!


【転載開始】

■IMFが「世界経済の破綻間近」と声明を発表!グローバル経済が危機的と指摘!
  伝説のディーラー「1ドル65円になる」


☆IMFが警告、世界経済の破綻間近
URL http://jp.sputniknews.com/politics/20160310/1752930.html
引用:
世界は経済破綻のリスク増大に直面。カタストロフィーを回避するには、
各国首脳らは需要刺激策を採る必要がある。
IMFのデビット・リプトン筆頭副専務理事の声明をフィナンシャルタイムズ紙が報じた。

リプトン筆頭副専務理事は、グローバル経済は「実際に苦境に立たされている」とし、
早急に経済成長と需要を刺激し、原料市場、金融市場の高いボラティリティーの結果、
現れた新たな脅威に向けた準備策をとるよう政治家らに呼びかけた。
:引用終了

☆「1ドル65円になる」伝説のディーラーが断言
URL http://toyokeizai.net/articles/-/108374
引用:
「今回は2011年10月から2015年6月までの66%ものドル高であり、
その後のドル下落率が20~30%と想定すると、20%のドル安なら
1ドル100円程度、30%のドル安なら1ドル88円程度までドル安円高になる。
相場は一度走り出すと19カ月くらいは一方向に進むので、目先は2017年1月に
かけて、1ドル88~100円のドル安は十分に起こりうる」

しかも、2017年1月前後でいったん反発したとしても、
最終的にはドル安のクライマックスが2022年2月に示現すると若林氏は予測する。
それが、1ドル65円という大円高だ。

~省略~

ただ、無傷で済まないのが米国の株式市場だ。
若林氏は、2022年にかけて米国経済が大デフレ局面に突入することを指摘する。
その根拠を、米国の長期金利に求めている。

過去に遡って米国の長期金利を見ると、

1861年=6.45%(天井)

1901年~1902年=1.98%(底)

1920年=5.67%(天井)

1941年=1.85%(底)

1981年=15.84%(天井)

となっている。
:引用終了

【転載終了】

**************************************

若林氏の予測が的中するとすれば、
東京五輪はかなり厳しい環境下で開催されることになりそうですね。

安倍首相も本物の疫病神・・・とならなければいいのですがね~!(皮肉ですが
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR