過去最高水準40兆円強・・・ 「タンス預金」!


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■過去最高水準40兆円強 「タンス預金」激増に3つの要因(2016年3月11日)

 タンス預金が今年に入ってから激増している。

「銀行券(お札)の発行残高を元に、タンス預金の金額を算出したところ、今年1月は
41.7兆円、2月は40.1兆円と過去最高水準でした。金庫が売れるのも納得できる
増加ぶりです」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 40兆円という金額は、リーマン・ショックのあった2008年(約26兆円)に比べ
1.5倍の規模だ。
世界中が金融危機に震えた時代より、現在のほうがタンス預金が多いとは驚きだ。

 日銀は9日、2月のマネーストック(通貨供給量)を公表した。
現金は6.7%増の90.3兆円。
日銀は、「マイナス金利政策の導入が資産の現金化を促したとするのは時期尚早」
(調査統計局)とした。

 確かに、タンス預金急増の理由はマイナス金利ばかりではない。

「昨年の初めごろからタンス預金は目立って伸び始めています。相続税の強化や
マイナンバーの影響で、現金を手元に置く人が増えたとみています」(熊野英生氏)

 マイナンバ-導入により、銀行預金や株式といった個人財産の多くは
国に把握されかねない。
それを避けるため、タンス預金をせっせと増やしていたところに、今度はマイナス金利だ。

「欧州には個人の預金に対し、マイナス金利を課す金融機関があります。日本だって、
この先どうなるか分からない。銀行預金は危険と判断して当然でしょう」
(株式評論家の倉多慎之助氏)

 ただし、タンス預金は火災、津波、盗難といった被害に遭いかねない。
一瞬で財産を失う恐れがあるのに、あえて自宅に現金を貯め込んでいるのだ。

「タンス預金の急増は、将来に不安を抱える人が多くなっているからです。株式市場は
乱高下が激しく、安心して資産を預けられない。年金受給も怪しいので、安定した
老後生活に自信が持てない。アベノミクスは、現金だけが頼りという世の中を
つくってしまったのです」(市場関係者)

 タンス預金はまだまだ増え続ける。

【転載終了】

***************************************

こんな時代ほど政策決定能力が必要になるのですが、
安倍政権は経済状況も把握できず増税などで傷口を広げたように思います。

マイナス金利も影響はあると思いますが、
マイナンバー制の検討時から予想されていたことですし、
マイナンバーのトラブルが多発していることも影響しているのでしょう。

要するに、まともに預けていたら何されるかわからないという疑念もあり、
資産のある方ほど政府を信用していないということでしょうかね?

預金税なんか取られたら堪らないというのが本音か?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR