3月中に最初の大暴落も・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■3月中に最初の大暴落も 株式市場“厳重警戒ウイーク”に突入(2016年3月8日)

 ついに株式市場で“厳重警戒ウイーク”が始まった。

「兜町界隈では、数週間前から3月中頃は危険だと囁かれていました。何しろ、
株価を大きく左右するイベントが目白押しで、世界の著名投資家やエコノミストは
暴落を予言しているのです」(市場関係者)

 米投資家のジム・ロジャース氏やジョージ・ソロス氏、
経済予測で知られるハリー・デント氏らはリーマン・ショック級の
金融危機が起きると警鐘を鳴らす。
年内にNYダウは5500ドル(現在は1万7000ドル水準)まで暴落するという
読みも出てきた。

「3月中に最初の大暴落が起きるという説が有力なのです。それだけに身構えてしまう」
(証券アナリスト)

 日経平均は8日も続落。
128円安の1万6783円で引けた。
嫌なムードが市場に広がっている。

「9日は相場ジンクスで凶兆とされる皆既日食です。しかも株安に向かうとされる
新月が重なるだけに不気味です」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 重要な経済イベントも続く。
10日は欧州中央銀行(ECB)の理事会が開催され、
ドラギ総裁はマイナス金利(現在0.3%)の拡大を打ち出す可能性がある。

「もし、そうなったら世界の金融市場は大混乱するでしょう。金利差拡大の影響で、
急激な円高が進行する恐れも出てきます。日本株は大幅下落に見舞われます」
(ちばぎん証券の安藤富士男アナリスト)

 11日は、先物取引などの決済が集中するメジャーSQだ。
相場が荒れやすいイベントとして知られる。
さらに、この日は3.11東日本大震災から丸5年にあたる。

「今年は震災の年と同じ金曜日なので、精神面の不安が例年より大きい」
(市場関係者)という。
市場はちょっとした悪材料に反応しやすいのだ。

来週(14日~)も気が抜けない。
いや、むしろ世界同時株安の危険度は高まる恐れがある。

 14~15日は日銀の金融政策決定会合があり、
15~16日は米FOMC(連邦公開市場委員会)が開催される。
さらに、中国は日本の国会に相当する全人代を開催中(16日まで)だ。

「どのイベントも日経平均を1000円程度動かすインパクトを持っています」(証券アナリスト)

 無事通過するまで個人投資家はジッとしていたほうがよさそうだ。

【転載終了】

**************************************

やはり、先週の介入は暴落に備えた介入かも知れませんね?

只、私みたいな買い待ちの人間にはチャンスでしょうが・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR