ジム・ロジャーズ氏も「日本の金融政策は、もう限界」・・・


北野幸伯氏の『ロシア政治経済ジャーナル』より。

【転載開始】

<奈落のアベノミクス。ジム・ロジャーズ氏も「日本の金融政策は、もう限界」>

■世界3大投資家ジム・ロジャーズ「リーマンショックよりもっとひどい時代がやってくる」
  中国経済の悪化がとまりません。



中国の1月輸出11%減…7か月連続で前年割れ
読売新聞 2月15日(月)14時25分配信

【北京=鎌田秀男】中国の税関当局が15日発表した1月の貿易統計によると、
輸出は前年同月に比べ11.2%減の1,774億ドル(約20兆円)と急減し、
7か月連続で前年割れした。

欧州連合(EU)や米国、日本など主要な貿易相手国への輸出が軒並み減少した。

内需の弱さから、輸入も18.8%減の1,141億ドル(約13兆円)と大幅に減り、
15か月連続のマイナスとなった。

貿易縮小に歯止めがかからない状態で、中国経済の減速懸念がさらに強まりそうだ。



輸出は1月、前年同月比でマイナス11.2%。輸入は、マイナス18.8%。

中国の経済統計、GDPなどはいくらでもごまかせます。
しかし、貿易統計は、「相手国」がいるのでウソがつけません。
中国、「昨年GDPは6.9%増加した」と発表していますが、
信じている人は「世界中に1人もいない」状態です。

こんな中国経済の未来について、「世界3大投資家」の1人ソロスさんは、
「ハードランディングは不可避!」と断言しています。


2016年1月21日の発言。

ソロス氏:中国のハードランディングは不可避、株投資は時期尚早 (2)
Bloomberg 1月22日(金)9時54分配信

(ブルームバーグ):著名投資家ジョージ・ソロス氏は21日、
中国経済がハードランディングに直面しており、
こうした状況は世界的なデフレ圧力の一因になるだろうと述べた。

同氏はまた、中国情勢を考慮して、
自分は米株の下落を見込んだ取引をしていると説明した。

ソロス氏はスイス・ダボスでのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、
「ハードランディングは事実上不可避だ」と指摘。

「私は予想しているのではなく、実際に目にしている」と語った。



さて、「世界3大投資家」といえば、ソロスさん、バフェットさん、
そして、ジム・ロジャーズさんです。
ジムさんは、世界経済の現状と未来をどう見ているのでしょうか?
日経ビジネスオンラインにインタビューが載っていました。

日銀マイナス金利について
米FRBが利上げに踏み切ったのに対し、日銀は「マイナス金利」を導入し、
世界を驚かせました。
これについてジムさんは、どう考えているのでしょうか?



私はこれが日本経済、
そして世界経済にとってもプラスになることは何1つないと思っている。

時間の無駄だよ。

混乱を一時的に回避する手段にはなるかもしれないけれど、
根本的な解決にはなっていない。



だそうです。厳しい意見ですね。

■危機の原因は、中国ではない?

今回の危機、誰もが「中国が原因だ!」といっています。
しかし、ジムさんは、「違う!」と断言しています。では、どの国が原因なのでしょうか?



中国のせい? 私はそうは思っていない。

中国だって混乱で苦しんでいる国の1つだ。

今回の騒動の諸悪の根源はすべてワシントンにある。



ええ!? 「諸悪の根源はすべてワシントンにある!」とは、どういうことなのでしょうか?



米国はここ数年、大量の紙幣を刷り、
金利を歴史的にこれまでなかった水準にまで引き下げた。

(中略)

そして今、米国は資金を引き揚げようとしている。金利を上げることによってね。

これまでやってきたことのツケが今、大きな混乱となって世界を襲っているのだ。
中国だって被害者なのだよ。
つまり、FRBの長年にわたるゼロ金利と、今回の利上げが、混乱の原因であると。
アメリカの利上げで、資金は新興国から引き上げられますから、一理あります。

■金融政策は、もう限界

では、今の局面で世界各国の中央銀行は、何ができるのでしょうか?

大量に紙幣を刷り、金利を引き下げ、資産を買い入れ、マイナス金利も導入した。

世界の中央銀行は今、パニックになってあらゆる策を講じている。

でも効かない。
なんと! ジムさんによると、もはや中央銀行にできることはないそうです。

■リーマンショック時よりひどい時代に???

そして、決定的な言葉がつづきます。



日本はもう景気後退期に差しさしかかっている。

すでに調整は始まっているのだ。

2008年のリーマンショックの時より深刻な状況になるかもしれない。

債務は当時より膨らんでいるのだから。



え~~。「リーマンショックの時より深刻な状況になるかもしれない」?
勘弁してほしいですね。

というわけで、世界3大投資家ジム・ロジャーズさん。
世界経済と日本経済の見通しは「真っ暗」だそうです
(RPEの読者さんで現状に驚いている人は、1人もいないと思いますが)。

【転載終了】

**************************************

世界どこを見ても明るい展望を予測している人はいないのですが、
ただ唯一楽観的な予測の方がいます、「安倍晋三」氏です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR