<子育て貧困世帯>20年で倍・・・


毎日新聞 2月18日(木)7時31分配信。

【転載開始】

■<子育て貧困世帯>20年で倍 39都道府県で10%以上



少子化で子どもの数が減少しているにもかかわらず、
生活保護費以下の収入で暮らす子育て世帯が過去20年で倍増したことが、
山形大の戸室健作准教授の研究で分かった。
戸室氏は都道府県別の「子どもの貧困率」も初めて明らかにした。
39都道府県で子育て世帯の10%以上が貧困状態にあり、
子どもの貧困が全国的に深刻化していることが浮き彫りになった。

 戸室氏は、総務省が国民の就業実態を調べるため、
5年ごとに実施する「就業構造基本調査」のデータなどを分析。
生活保護費の受給対象となる最低生活費以下の収入しかなく、
かつ17歳以下の子どもがいる世帯数の20年間の推移を調べた。

 その結果、1992年に約70万世帯だった子育て中の貧困世帯数は、
直近の2012年調査では約146万世帯に倍増していた。
一方でこの間、
子育て世帯自体は約1293万世帯から約1055万世帯まで約2割減っているため、
「子どもの貧困率」(17歳以下の子どもがいる世帯に占める貧困世帯の割合)は
5.4%から約2.6倍の13.8%に悪化した。

 都道府県別では、貧困率が高い順に(1)沖縄(37.5%)(2)大阪(21.8%)
(3)鹿児島(20.6%)(4)福岡(19.9%)(5)北海道(19.7%)--と続き、
ワースト10のうち8府県が西日本に集中した。
10%を切ったのは、最も低い福井(5.5%)など8県にすぎず、残りは10%以上だった。
また、1回前の調査(07年)と比較すると、埼玉、千葉、神奈川などの首都圏や三重、
静岡などの中京圏で全国平均を上回る貧困率の上昇がみられた。

 「子どもの貧困率」については、政府も厚生労働省の
「国民生活基礎調査」に基づいて算出。
国全体の平均のみ公表し、直近の12年は16.3%だった。
ただ、平均的な所得の半分未満で暮らす人はすべて相対的に貧困状態にある
とみなす政府の算出方法では、貧困率に大きな変化はなく、91年でも12.8%だった。
これに対し、戸室氏は都道府県や世帯人数などによって異なる最低生活費に
基づいて算出することでより貧困の実態に近づけた。

 戸室氏は「貧困率の高位平準化が進んでいる。
国が率先して対策を進めることが重要で、生活保護費を全額国庫負担にすべきだ」
と提言している。
戸室氏の論文は、近く刊行される「山形大学人文学部研究年報13号」に掲載される予定。
【大場伸也】

【転載終了】

***************************************

これはどうも数年前のデータのようですので、
現在はもっと増えている可能性がありそうですね。

貧困化は、次世代の学力の低下につながります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR