「4月解散総選挙」の思惑と真偽・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■石原大臣就任で急浮上 「4月解散総選挙」の思惑と真偽(2016年2月10日)

「衆参ダブル選挙」が根強く囁かれていた政界で、突然「4月解散説」が浮上している。
週刊誌が次々に報じ、民主党の枝野幸男幹事長も「4月24日投開票の確率は10%ある」
と危機感を強めている。

「4月解散説が流れた直接のきっかけは、毎年、総理が主催している〈桜を見る会〉の
日程が前倒しされたことです。例年4月下旬に行われているのに、今年は4月9日に
設定された。日程の前倒しは4月後半の選挙を想定したものだと解説されています。
さらに甘利明前経済再生相の後任に石原伸晃氏を就けたことで、4月解散説に拍車が
かかっています。安倍首相はホンネでは伸晃氏が好きじゃない。伸晃氏は答弁にも
不安がある。そこで『どうやら安倍首相は、この体制を長く続けるつもりはなさそうだ』
という見方が広がっているのです」(自民党関係者)

 予算が成立した直後の4月解散は、安倍政権にとってメリットが大きいという。
4月解散ならば、野党再編は間に合わず、自民党は圧勝する可能性が高く、
しかも4月にギクシャクした野党は、7月の参院選で選挙協力するのが難しくなり、
自民党は参院選も大勝する確率が高くなるという。
結果的に、衆、参で3分の2以上の議席を得られるというシナリオである。

 4月に解散して圧勝してしまえば、高木毅復興担当相などのスキャンダル大臣も、
早めに一掃できる。

 しかし、本当に安倍首相は「4月解散」に踏み切るのか。
政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。

「4月解散説が流れているのは確かです。自民党の若手議員は選挙区にポスターを
張りはじめている。しかし、4月解散説は、安倍官邸が意図的に流しているフシがあります。
狙いは、野党を浮足立たせ、野党再編を混乱させることでしょう。実際、衆院選と参院選の
2つの選挙を想定して選挙協力を進めるのは難しい。と同時に、自民党内の求心力を
高める効果も狙っているはずです」

 これまで安倍官邸は、政権運営が苦しくなると「解散説」を流している。
3月以降、株価が暴落し、景気が急降下すると予想されている。
「4月解散説」は、景気悪化を見越した予防線の可能性がありそうだ。

【転載終了】

***************************************

先月あたりから4月解散W選挙が言われ始めていました。

アベノミクスの失敗は安倍首相自身が一番分かっているかも知れませんが、
この方の欠点は、“間違いを間違いと認めない”ところです。
全て、誤魔化そうとするところにあると思います。

今回も誤魔化しきれなくなってきているので、
アメリカの利上げ前に解散総選挙・・・かも知れませんね?

まだ、「今なら国民がまだ気づいていないので勝てる」、と考えているのかも知れません。

野党は準備不足です・・・民主党の決断力のなさが原因なのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR