休業ベッキー 説得を拒否「彼とは絶対に別れない」「最後は一緒になれる」・・・


東スポWeb 1月30日(土)7時23分配信。

【転載開始】

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫スキャンダルで
出演CMが放送されなくなるなどタレント生命の危機にあるベッキー(31)が、
さらなる窮地に追い込まれた。
レギュラー番組「にじいろジーン」(フジテレビ系、土曜午前8時30分)を降板することが28日、
本紙の取材で判明。
30日の出演を取りやめた。今後、他のレギュラー番組の降板も避けられないと判断した
所属事務所は休業させる苦渋の決断を下したといわれ、“事実上の引退”となりそうだ。
禁断の愛に突き進んだ代償は想像以上だった。

「にじいろジーン」は川谷との交際発覚後にベッキーが最初に生出演した(9日)番組。
広告代理店関係者は「とにかくスポンサー側から『なぜベッキーを出演させ続けるんだ!』
と抗議のオンパレード。当初は、あくまで不倫を認めないことで押し通そうとしたが、
スポンサーの声には逆らえず、降板せざるを得なくなった」と明かした。

 同番組を制作する関西テレビの福井澄郎社長は22日の新春会見で
「降板は考えていない」と明言し、ベッキーの出演継続を容認したと思われていただけに、
他局に与える影響は大きい。

「あの発言で、スポンサー側は『なぜおとがめなしなんだ!』と怒りが増幅した。
朝の情報番組のターゲットは、不倫というイメージを最も嫌う主婦層だからね」
(前出の広告代理店関係者)

 数多く出演していたCMも、すでに10社すべて放送を自粛するなどベッキーの
芸能活動には重大な影響が及んでいる。
苦境に立たされ、所属事務所幹部などから「川谷と別れるように」と説得されても、
本人は決して首を縦に振らないという。

「何度も話し合いが持たれてきたんですが、結論は同じ。『彼とは絶対に別れない』。
親しいスタッフが『川谷が現在の奥さんと泥沼状態になっていて、誰もハッピーにならない』
とアドバイスしても、ベッキーは『最後は一緒になれる』と泣きだしてしまう。
さらに関係者が畳みかけると『もう誰にも迷惑を掛けたくない。この仕事を辞めたい』
と言いだす。今のベッキーは完全に川谷のとりこですよ」(事情通)

 川谷との不倫が週刊文春に報じられ、ベッキーが謝罪会見を開いたのは今月6日のこと。
このときは「実家に行ったのは軽率でしたが、お付き合いはしていない」と、
あくまで不倫は否定した。

 ところがその後、同誌で2人が会見直前に交わしたLINEの通信内容が新たに報じられ、
「友達で押し通す予定!笑」などというやりとりが暴露された。

 関係者に対しても不倫愛を貫き通すと言い張るかたくなな姿に、
焦りだしたのが周囲のスタッフだ。
先手を打つ形でレギュラー番組を抱える各テレビ局に「芸能活動の自粛」を
打診し始めたという。

「事務所としてはドル箱であるベッキーの引退だけはどうにか避けたい。だが、
事務所やスタッフの意に反し、川谷と別れようとしない。だったら自粛=休業という形で、
何とかしてベッキーのタレント生命を守ろうと考えたようだ」(某キー局編成マン)

“引退”となる前に“休業”の形にして時間を稼ぐ狙いだろうが、
このままではそれ以前に「レギュラーすべて降板」となりかねない状況だ。

 一連の報道から、ベッキーは「もはや不倫を認めたようなもの」とみている
冒頭の広告代理店関係者は「それでも“知らぬ存ぜぬ”を決め込み、
テレビに出演し続けたけれど、スポンサーとしてはとても許せない。
テレビ局としても守り切れなくなったようだ」と続ける。

 長い間“好感度タレント”“タレントのかがみ”といわれたベッキーだが、
不倫スキャンダルの代償はあまりに大きかったようだ。

【転載終了】

***************************************

最近ちょっと2chを見ることがあるのですが、創作の世界のような気がしていましたが、
ベッキー問題を見ると現実なのか・・・という気がしてきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR