フォードに続きGM、クライスラーも・・・


産経ニュースより。

【転載開始】

■フォード日本撤退 競争に取り残され、世界戦略見直し重なる 
  GM、クライスラーも“日本離れ”の動き

 米自動車大手フォード・モーターが今年末までに日本市場から撤退する。
“アメ車”ブームなどで1990年代には2万台以上を売り上げることもあったが、
昨年の販売台数は4分の1程度まで落ち込んでいた。
撤退に踏み切った背景には、商品やブランド力を強化する日本車やドイツ車との
販売競争で劣勢が続いていたことに加え、フォード全体の世界戦略がある。(田村龍彦)

 フォードは日本では96年に過去最高となる2万244台を販売した。
だが、ここ数年は5千台以下で低空飛行が続いていた。

 業界関係者は「アメ車やスポーツ用多目的車(SUV)のブームで好調だった頃から
変わらずやってきたが、お客さんも他社も変わったため」と指摘する。

 2000年代に入り、日本の消費者は燃費への意識を強め、
日系メーカーのハイブリッド車(HV)が大きくシェアを伸ばした。

 一方、輸入車ではBMWやアウディなどドイツの高級車メーカーが、
商品力に加え、デザインなどをアピールしてブランドイメージを向上。
若者など新たな顧客層を開拓していった。

 販売台数の多い輸入車メーカーは本社に日本市場向けの装備を要請したり、
販売店を増やしたりできる。一方、フォードは台数が伸びず、
「販売店も増やせない悪循環」(輸入車メーカー)に陥った。

 また、フォードの14年の世界販売約630万台のうちアジア太平洋地域は約140万台で、
110万台以上を中国で稼ぎ出した。
中国シフトを強め、マツダへの出資を引き揚げた中、
相対的に日本市場の重要度が低下したとみられる。

 フォードは25日、日本とインドネシアからの撤退発表に際し、
「競争力を維持できない地域で、収益性が見込めない事業から積極的に撤退する
方針を進めている。経営資源を他の市場へ集中させていく」とコメントした。

 日本では年内に約50の販売店を閉鎖し、輸入と販売を停止する。
日本で行っていた製品開発も他国の拠点に移す。
日本法人の従業員約290人は解雇される見込みだ。


 米自動車大手3社「ビッグスリー」のフォード・モーターを除く
ゼネラル・モーターズ(GM)やクライスラー(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)も、
日本での販売は伸び悩んでおり、“日本離れ”の動きも見える。

 国内輸入車市場ではメルセデス・ベンツとフォルクスワーゲン、
BMWのドイツ勢が10%以上のシェアを持ち、トップ3を独占する。
米国車は好調なクライスラーの「ジープ」でさえ2%程度で、
GMの「キャデラック」は年間販売1千台を下回っている。

 GMはいすゞ自動車と提携し、ホンダとも燃料電池車の共同開発を行っているため、
「日本を重視している」(関係者)とされるが、撤退の噂はくすぶる。

 金融危機で相次いで経営が悪化したビッグスリーも米景気の回復で復活。
ただ、市場縮小が見込まれる日本ではなく、
成長が続く中国やインドなど新興国での販売に力を入れている。

 ビッグスリーは2009年から東京モーターショーへの出展をとりやめ、
昨年ようやくクライスラーのジープが復帰した。
各社とも中国で開かれるショーには積極出展している。

 自動車業界では、環境規制への対応や自動運転などの開発で多額の投資が
必要になっており、展開地域についても「選択と集中」が進む可能性が高い。

【転載終了】

**************************************

日本のメーカーも、トヨタがダイハツを完全子会社にしたり、
富士重工に16%の資本投資をしたり、世界戦略を強化していくのでしょうかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR