「心神」国産初のステルス戦闘機 2月に初飛行・・・


The Huffington Post Japanの記事より。

【転載開始】

■「心神」国産初のステルス戦闘機 2月に初飛行



将来の国産ステルス戦闘機の試作機となっている
「先進技術実証機“ATD−X”」(通称・心神=しんしん)が
2016 年2月に初飛行することがわかった。
防衛装備庁の関係者が1月22日、ハフポスト日本版の取材に対し、明らかにした。
防衛装備庁は1月28日、
三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所(旧・名古屋航空機製作所=名航)の
小牧南工場で、心神をマスコミ陣にロールアウト(お披露目)する。

この防衛装備庁の関係者は「報道陣へのロールアウト後、
機上試験や地上滑走試験等を踏まえて、
2月中旬以降に初飛行を実施することになる」と述べた。
ロールアウトは小牧南工場の格納庫の中で、心神を固定したまま実施するという。

心神は、ステルス戦闘機(F3)を日本の技術で開発する可能性を探るため、
防衛省が1995年度からエンジンの研究を始めるなどして、開発を進めてきた試作機。
近代日本画壇の巨匠である横山大観が、富士山を日本の「心神」と呼んでおり、
名称には「日本の魂」という思いが込められている。

心神は試作機とはいえ、事実上の「日の丸ステルス機」の第1号。
主契約企業の三菱重工業は、戦前に名航で零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を生んだ。
それが今、名航の小牧南工場で、
アビオニクス(航空機搭載の電子機器)や電装についてのデータを取るなどして、
様々な試験を重ねてきた。
心神はゼロ戦と同様、名航で誕生するわけであり、
その意味で「ゼロの遺伝子」を受け継いでいるといえる。

心神の初飛行は2014年中に行われる見通しだった。
しかし、エンジンが停止した時に再始動させるための改修作業をしたため、
遅れが生じてきた。初飛行は小牧南工場に隣接する小牧空港で行われる。

心神は、F2戦闘機の後継機となる将来の
「第6世代戦闘機」F3の生産に向けたプロトタイプ(研究試作機)である。
つまり、防衛省は、心神をF35といった「第5世代戦闘機」と呼ばれる
現在のステルス機の上を行く、
「第6世代戦闘機」のカウンターステルス機の礎にすることを目指している。

心神の特徴は、優れたステルス性と機動性にある。
敵レーダーに探知されずに敵を捕捉できる高いステルス性能、耐熱材料、
先進アビオニクスなど、日本が誇る高い技術を活用した高運動性を武器とする。

【転載終了】

**************************************

日本のステルス技術がないと戦闘機のステルス化は不可能といわれています。

それより、ちょっと気になるのは、MRJの顧客引き渡しの遅れです。

現在の受注のうち、180機分(多分)が引き渡しの遅れによっては、
キャンセル可能な契約になっているとのことです。

合わせて、大型客船2隻の建造が大幅に遅れており、
既に損失が1350億弱でており、三菱重工は造船から撤退の危機のようで、
第二の東芝ともささやかれています。

建設業をはじめとして、各業界では人員不足より人材不足が顕著になってきており、
日本の技術が危険水域のようです。

政治家や役人は日本の礎を破壊しようとしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR