首相の指南役 浜田教授がGPIF株投資「大損」の仰天発言・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■首相の指南役 浜田教授がGPIF株投資「大損」の仰天発言(2016年1月19日)

 アベノミクスの“生みの親”とされる浜田宏一・米エール大名誉教授の仰天発言に
激震が走っている。
浜田教授はテレビ番組で、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)
が資産構成を見直し、国内株などの投資比率を引き上げたことに対し、
年金資産が“大損”する可能性を認めたのだ。

 発言が飛び出したのは、16日のTBS「報道特集」。
6日連続で下落した日経平均株価の異常事態を受け、
GPIFの損失リスクに対する感想を問われた浜田教授はこう言い放った。

〈(国民を)教育しなければいけなかった。損をするんですよ、これだけ儲けるんだから(と)〉

〈損をするんですよと(国民に)言っておけと、僕はいろんな人に言いました〉

 浜田教授といえば、安倍政権の内閣官房参与として、
アベノミクスなどの経済政策を助言してきた中心人物だ。
改憲しか頭にない経済オンチの安倍首相の指南役と言ってもいい。
その浜田教授がGPIFの運用構成見直しについて〈損する〉とハッキリ認識し、
さらに〈損をすると言っておけ〉と忠告していたというのだ。

そして、浜田教授はこう続けていた。

〈でも(政府側は)それはとてもおっかなくて、そういうことは言えないと〉

 つまり、浜田教授が「ハイリスク・ハイリターン」について国民に説明しろ、
と指摘していたにもかかわらず、安倍政権は頬かむりしたワケだ。
安倍首相は12日の衆院予算委で、株価下落に伴うGPIFの影響について「年金財政上、
必要な年金積立金を下回るリスクは少なくなった」なんて強弁していたが、
国民を愚弄するにもホドがある。

 GPIFは2015年7~9月期に年金資産を約8兆円もパーにしている。
年明けから続く足元の株安傾向に歯止めがかからなければ、
損失規模は膨らむ一方だ。

経済ジャーナリストの荻原博子氏はこう言う。

「竹中平蔵氏が『トリクルダウンは起きない』と発言したことにも驚きましたが、
浜田教授の発言も他人事のよう。
そろってアベノミクスの旗振り役を担ってきた中心人物じゃないですか。
そのアベノミクスは破綻したと言っていい。その責任はどうなったのでしょうか。
難破船から我先に逃げ出すような無責任な発言にはガッカリします」

 地獄の釜の中を見るような日が迫っている。

【転載終了】

*************************************

ここのところ、アメリカサイドの人たちの発言を見ていると、
どう見ても「安倍降ろし」としか思えませんね。

5月か7月安倍氏の退陣説が耳に入ってきますが、
今回はかなり現実味がありそうな気がしてきました。

要因は、経済政策の失敗とTPPへの道筋、
そして安保法案にも目途がついたということがありそうな気がしますね。

そして、憲法改正は時期尚早と判断したのかも・・・?

それとも、“次期橋下政権”を目論んでいるのだろうか?
突然の政界引退はきな臭いものを感じますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR