安倍首相“金持ち優遇”のアベコベセンス・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■補正予算可決も…安倍首相“金持ち優遇”のアベコベセンス(2016年1月16日)


 富める者はますます富み――ということか。

2015年度補正予算案が14日、衆院本会議で可決されたが、
早速“金持ち”優遇のトンデモ施策に批判が噴出している。

「3世代の同居に対応した良質な木造住宅の整備の促進」というもので、
省エネ型の一戸建てを新築すると、
建築費の1割未満で130万~215万円の補助金を受けることができる。
予算額は16億8000万円だ。
アベノミクス第2の矢である「希望出生率1.8」を実現させるため、
子育て支援を促す狙いがあるという。

 問題なのは補助金を受けるための条件だ。
「キッチン、トイレ、玄関、浴室」のうち2設備を住居内に2カ所以上設置することが
必要だという。

 子育て支援のために3世代同居を後押しするのは結構なことだ。
しかし、景気が冷え込む中、そんな立派な家を建てられる庶民がどれだけいるのか。
さすがは「主婦のパート代は月25万円」と言い放つだけのことはある。
安倍首相には庶民感覚が全くないのだろう。

「3世代で同居するのに必要な延べ床面積は、一般論ですが50坪程度。
キッチンや玄関など、
親世帯と子世帯の専用部を増やせば増やすほど建築費はかさみます。
3500万円はみないといけません」(住宅業界関係者)

 さらに不可解なのは、補助金受給の対象が木造住宅だけに限定されていること。
ということは、老親を住まわせるために3階建ての鉄筋住居を購入しても補助金は
出ないわけだ。いずれにしろメリットを享受できるのは、恵まれた世帯だけだ。

経済ジャーナリストの荻原博子氏はこう言う。

「3世代の同居を促し、子育てを支援するという方向性は決して悪いものではありません。
しかし、そこまで巨額の税金をつぎ込む理由が分かりません。子育てを支援するなら、
保育所を増やすなど、他にやるべきことがあるはずです。なにより、一番困っているのは
年金しか所得がない老人やワーキングプア、母子家庭などの低所得者です。日々の
生活に苦しむ低所得者にこそ、もっと手厚く補助を振り向けるべきでしょう」

 看板倒れに終わりそうだ。

【転載終了】

***************************************

安倍首相はお子様がいないので、
3世代同居の難しさが理解できないのでしょう。

言うなれば、「アベコベノミクス」ですかね!(笑い


余談ですが!
我が家は、半2世帯住宅といっていいのかな?
台所は一階と二階にありましたが、結局メインの台所で3世代で食卓を囲みました。

私の住む地区でも同居世帯は48軒中4軒しかありません。
現実として、長男であっても他所に家を建てて非同居になっているようです。

我が家の長男は子供ができ学校に通うようになったら、
実家(我が家)にきて家を建て替えるつもりのようです。

我々は妻が自営業なので、妻の実家に引っ込むつもりでいます。
その時は、家を建てるか、自宅兼店舗に入るかまだ決めかねていますが。

我々の世代は、
子供が同居する気でも我々親世代が同居する気がない方が多いようです。
「嫁姑100年戦争」はどこのお宅でもあり得ることですからね!

亭主が間に立って一番つらいんですよね・・・(笑い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR