東証大引け史上初の年初来6日続落・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■世界同時株安止まらず 東証大引け史上初の年初来6日続落(2016年1月12日)

 世界同時株安に歯止めがかからない。
連休明け12日の東京株式市場は、
海外主要株式市場の不安定な値動きや原油相場の下落、
円高で投資家が運用リスクを回避する動きが強く、スタートからほぼ全面安の展開に。

 日本時間午前10時半から取引が始まった中国・上海株式市場で
上海総合指数が一時、心理的節目である3000の大台を下回ったことも加わり、
さらに投資家心理が冷え込んだ。

 終値は前週末比479円安の1万7218円96銭。
年初からの下げ幅は約1800円。
史上初となる年初来6営業日連続の下げを記録した。

 日本が休場だった11日、上海株式相場が暴落。
最近の中国通貨、人民元相場の急ピッチの下落で、
資本流出に対する投資家の警戒感が高まり、
上海総合指数の終値は同5・32%安と約4カ月ぶりの低水準となった。

 米国市場は前週末、
昨年12月の米雇用統計で雇用環境の改善が確認できたにもかかわらず、
ダウ平均が下落。
11日は50ドル余り反発したものの、本格的な復調の兆しは出ていない。

 11日、ニューヨーク原油先物市場で原油は約12年ぶりに一時、
1バレル=30ドル台の安値を付け、石油関連企業も売られた。

 外国為替市場では円相場が1ドル=117円台と前週末夕時点に比べ
円高・ドル安が進んでいることが輸出関連株に悪影響を及ぼし、
投資家心理を冷やしている。

【転載終了】

**************************************

中東情勢の混乱に加え、
日本政府が中国に対し尖閣侵入に備え、
海自による警備行動の方針を決めましたが、
アジアの不安定化も懸念されます。

市場の動きも混迷してきますので、
結局有事のドルへ回避していくのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR