【転載開始】

ソロス氏は日本の為替政策を批判し、
以下のような発言をしていると報じられています。


『日本の円安攻勢にドイツもユーロ切り下げで反撃すれば、
 世界の金融市場が混乱する可能性がある』


『ドイツと日本は自動車など複数の産業分野で競争しており、
円安でドイツ経済が打撃を受けるならば、ドイツ政府は座視しないはずであり、
ドイツもユーロを切り下げし、世界の金融市場は衝撃を受けることになる』

『(日本とドイツの)通貨戦争は結局、世界を混乱に陥れることになる』

日本以外の国は日本の円安政策を批判し警戒していますが、
日本はどこふく風で1ドル95円までの円安は当然だとの見方も
安倍政権にはあるようですが、ヨーロッパ経済が悪化するなか、
ユーロ高による輸出不振となれば政治的にもドイツ、フランスは
今の円安政策を支持できないどころか、円安政策に対して公然と批判し、
通貨戦争に止まらず、貿易戦争にも発展するリスクを世界は抱える
ことになります。

すなわち、世界対日本という、日本には最悪の展開になりかねないのです。

悪いのは全て日本という図式が出来上がることになります。

今さら円安政策をやめることなど安倍政権にできるものではなく
(株価の大暴落を招きます)、安倍政権は今後存亡の危機に直面するかも
知れません。

【転載終了】


********************************

メルケルはダボス会議で日本の金融政策を批判しましたが、
まだ、ユーロ危機は先送りされているだけで、
ドイツ一国で支えているので輸出への影響が懸念されるからでしょう。

他国通貨も然りです・・・

どうなるのだろう???
打ち消し文
スポンサーサイト
プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR