桜井ジャーナル

【転載開始】

■米国が関係を悪化させてしまったトルコは
  米国の戦略にとって重要な国で、クルドとの
  関係が微妙に

 シリア北西部のアフリンでトルコ軍からの
攻撃を受けているクルド勢力はシリア政府軍に
救いを求め、受け入れられたと伝えられている。
当初からシリア政府はクルドをシリア人として
扱っていたので不自然な流れではないが、
クルド勢力はアメリカ軍と手を組み、政府軍と
戦ってきた。
アメリカにとって戦略的に重要な位置にあり、
NATOの一員であるトルコにアメリカが強く
出られないことからクルドはシリア政府へ
接近したようだ。

 トルコ軍がシリア北西部のアフリンへの空爆を
始めたのは1月20日のこと。地上ではトルコ系の
武装勢力が軍事侵攻してクルド系部隊と戦闘を
始めている。
そのひとつの切っ掛けはアメリカの動き。
アメリカはシリア北部、トルコとの国境近くに
3万人規模のシリア国境軍を編成するとした
のだが、その主体はSDF(シリア民主軍)/
YPG(クルド人民防衛隊)、つまりトルコ政府が
テロリストだとしている勢力だ。
そのクルド勢力に対し、アメリカがMANPADS
(携帯型防空システム)を提供していると
イスラエルでは伝えられている。

 攻撃が始まる2週間前、1月6日には地中海に
面した場所にあるロシア軍が使用している
フメイミム空軍基地とタルトゥースにある海軍施設
が13機の無人機(ドローン)で攻撃された。
そのうち7機はロシア軍の短距離防空システムの
パーンツィリ-S1で撃墜され、残りの6機は電子戦
兵器で無力化されている。

 13機のドローンは100キロメートルほど離れた
場所から飛び立ち、GPSと気圧計を利用して事前
にプログラムされた攻撃目標までのコースを
自力で飛行、しかもジャミングされないような
仕組みになっていた。
攻撃の際、目標になったフメイミム空軍基地と
タルトゥースの海軍施設の中間地点をアメリカの
哨戒機P-8A ポセイドンが飛行していたこともあり、
この攻撃はアメリカ軍、あるいはCIAによるもの
だと見られている。

 シリア北西部のイドリブで2月3日にロシア軍機
Su-25が撃墜された。
この攻撃機を撃ち落としたのはMADNADSだと
見られ、アメリカ軍がクルドへ供給したものが
イドリブの武装勢力の手に渡った可能性が高い。
アメリカの軍、あるいは情報機関が黒幕であるとも
見られている。
なお、脱出したパイロットは地上での戦闘を経て
死亡、攻撃に関わったと見られるアル・カイダ系の
ジャブハト・アル・シャム(ジャブハト・アル・ヌスラ)の
戦闘員約30名はロシア軍が巡航ミサイルで殲滅
されたという。

 2月7日にはアメリカ中央軍が主導する部隊が
デリゾール近くの油田地帯でシリア政府側の
戦闘集団を空爆して多くの死傷者が出たと
伝えられている。
アメリカ側はロシア人を含む100名以上を殺した
と主張、その犠牲者数は600名まで上昇したが、
実態は死者数十名、そのうちロシア国籍の傭兵
が5名程度のようだ。

 デリゾールの東に広がる油田地帯へシリア政府側
が近づくとアメリカ軍が登場してくる。
2017年9月17日にもシリア政府軍をアメリカ主導
の連合軍がF-16戦闘機2機とA-10対地攻撃機2機で
攻撃、80名以上の政府軍兵士を殺した。
その直後、28日には2つの橋を、30日にも別の橋
2つをそれぞれ爆撃して破壊してシリア政府側の
進撃を止めようともしている。
17日のケースでは、空爆の7分後にダーイッシュの
部隊が地上でシリア政府軍に対する攻撃を開始
していることから、両者は連携していると見られて
いる。
9月24日にはロシア軍事顧問団を率いる
バレリー・アサポフ中将とふたりの大佐が
ダーイッシュの砲撃で死亡しているが、
中将らがいる正確な場所がアメリカ側から
伝えられていたとも言われている。
それに対し、10月31日には地中海にいる
ロシア軍の潜水艦から発射されたミサイルが
デリゾールにあったダーイッシュの拠点を攻撃、
破壊したという。

 その間、2017年9月20日にはイドリブの州都に
入ってパトロールしていたロシア軍憲兵29名の
部隊をアル・カイダ系のアル・ヌスラが戦車など
も使って攻撃、包囲するという出来事があった。
その作戦はアメリカの情報機関/特殊部隊が
指揮していたと言われている。

 戦闘は数時間続き、その間にロシア軍の
特殊部隊スペツナズが救援に駆けつけ、
Su-25も空爆、反政府軍の部隊は全滅、
その戦闘員約850名が死亡したという。
その際にアメリカの特殊部隊を壊滅させ、
死亡した隊員をロシアの特殊部隊員が
火葬にしたとも伝えられている。

 手先のダーイッシュやアル・カイダ系武装集団
の敗北が見通されるとアメリカ軍は自らがシリア
へ侵入、基地を建設してきた。
ジム・マティス国防長官はダーイシュを口実に
してシリア占領を続ける意思を示している。
トルコ政府によるとアメリカ軍が建設した
基地の数は13だ。

 また、新たな武装勢力「北部シリア軍」を編成、
戦闘員をそこで軍事訓練し、出撃基地としても
使われているとロシアやイランは主張している。
その武装勢力にはSDF(シリア民主軍)や
YPG(クルド人民防衛隊)だけでなく、
三国同盟系武装勢力に所属していた戦闘員も
含まれているという。

 アメリカ軍はクルドを利用してシリア領内に
居座るつもりだが、そのクルドがシリア政府と
手を組むと独立を放棄、アメリカ軍にとって
都合の悪い状況になりかねない。
イラクでもシリアの影響下にあると見られて
いたクルド勢力の内部で反主流派が力を持ち、
イラク政府と連携してクルドの独立国建設を
阻止している。

 また、トルコの現政権とアメリカ政府との関係
が元通りになる可能性は小さい。
クーデター未遂の傷が簡単に癒えるとは思えず、
ギュレン運動の問題もある。

【転載終了】

*************************

​ イランやロシアはシリアと同盟国なので、
支援は当然ですが、アメリカはどう見ても
内政干渉です。
(アメリカの言いなりにならない、
イラクとリビアが政権転覆させられています)

 アメリカは、軍事顧問として、
シリアに基地を建設していますが、
日本国民は、アメリカによるの北朝鮮危機
というフェイクで中東に目がいっててません。

 自衛隊を駆け付け警護(集団的自衛権)と
称し、シリアに派遣した場合、友好国である
イランやロシアを敵に回すことになります。

 そうなると、ロシアやもしかしたら、
中国からの領海侵犯の回数が激増し、
空自や海自が疲弊してしまうことにも
なりかねませんね。

 このようなこともあり、北方領土は帰って
来ない可能性が高いのです。

 安倍首相が訪ロでも簡単にあしらわれる
のは、そのような事情からでしょう。

 どの国も、アメリカ言いなり政権など
信用しないのでしょうね。

スポンサーサイト

まるこ姫の独り言さんより。

【転載開始】

■安倍首相は責任は厚労省にあると言い、
  麻生太郎はまたトンでも発言を

 安倍晋三首相が裁量労働制に関する答弁を
撤回したがそれにともない国会で答弁して、
それは厚労省の責任だと言い出す。
え?行政府の長の責任じゃないの?

>安倍首相、責任は厚労省と認識 裁量労働制の
  答弁撤回        2/20(火) 10:43配信

>安倍晋三首相が裁量労働制に関する答弁を
撤回した問題で、首相は20日の衆院予算委員会
で「(答弁案が)厚生労働省から上がってくる。
それを参考にして答弁した」と述べ、答弁撤回に
至った主な責任は厚労省にあるとの考えを示した。
首相は「担当相は厚生労働相だ。全て私が詳細を
把握しているわけではない」とも述べた。

 またいつもの言い訳だ。
日頃、「自分は行政府の長だ」と言いながら、
言いながら今回のデータ改ざんは、厚労省の
責任だと言う。
行政府の長なら、厚労省の責任は自分の
責任だろうに。。。
今まで散々言ってきた「すべての責任は私にある」
という話も眉に唾つけて聞かないと駄目だという、
それほど信用できない。
もっともこの人の場合、一応は責任は私にあると
言うものの、目に見える形で責任を取ったことは
皆無だから、ただの言ったもん勝ちの世界にしか
ならない。

 それにしても今回は、厚労省の責任だと。
厚労省から上がったデータを参考にというが、
安倍首相はそのデータがいい加減なものだった
ことを、3年間も気づかず答弁していたと言うこと
になる。

 野党が猛抗議してやっと厚労省が重い腰を
上げたが、自分は詳細を把握しているわけでは
ないと言う安倍首相は、ただの読み上げマシーン
だったということにならないか?
官僚が書いてきたものを読み上げるだけの人で、
内容が分かっているわけではないことがよく
わかった、

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 麻生財務相も負けてはいない。
またやらかした。言いたい放題の麻生太郎、
また国会で問題発言をしたが多分報じられないだろう。

 この政権は、固定観念が強すぎるというか、人を
色眼鏡で見るというかいつまでたっても古い思考に
縛られている。麻生は佐川国税庁長官に対する
抗議デモについて、立憲民主党が主導がしている
と言い出した。

>麻生氏「街宣車持っている市民団体は普通じゃない」
  2/20(火) 9:01配信

>麻生太郎財務相が19日の衆院予算委員会で、
確定申告が始まった16日に国税庁前で行われた
佐川宣寿国税庁長官に対する抗議デモについて、
「立憲民主党の指導で街宣車が財務省の前に
来たことは、私どもも承知している」と指摘。

>その後の質疑でも「街宣車まで持っている市民
団体というのは珍しい。
少々、普通じゃないとは思った」と述べ、市民団体の
主催とする野党側の主張を疑問視した。

 与党席からも「一般人じゃないよ」とヤジがあった
そうだが、本当に自民党らしいヤジだ。
一般人かそうでないのか、何を根拠にヤジっている
のか。。
しかも立憲民主党の主導だとか、街宣車まで持ってる
市民団体は珍しいから普通じゃないとか、これほど
色眼鏡で見る政治家がいることに驚く。
自民党にいる議員だから、さもありなんだとは思うが。。。。

 ネトウヨもそうだが、自民党議員たちも何の証拠も
なくても、常に言ったもん勝ちでデマを飛ばす。
嘘吐きの佐川が論功行賞で国税局長官になり、
誰もが大人しく税金など納めたくないその気持ちを
表すと、国会で与党議員から一般人じゃないとか、
普通じゃないとかヘイトされる。それも財務大臣自ら
答弁するって、どんな国なんだこの国は。

 これが安倍首相の掲げる「美しい国」の正体か。

【転載終了】

************************

 結構鋭い突っ込みしているので、
ご紹介しました。


情報速報ドットコム

【転載開始】

■ジャマイカチーム、下町ボブスレーのソリを使わず!
  外国製の白いソリで出場!

 下町ボブスレー騒動で注目を浴びている
ジャマイカチームですが、2月20日に行なわれた
ボブスレーの試合では外国製の白いソリで出場
していました。

 このソリはラトビア製のソリだと見られ、
五輪に駆け付けた下町ボブスレーのチームは
試合を眺めるだけの形になったようです。
ボブスレーの試合は明日もあり、2日間の
合計タイムで最終的な順位が確定となります。

【転載終了】

************************

 レッドスプライプ社の支援したソリが
間に合ったようですね。

 「下町ボブスレー」は現場で待機している
ようですが、使われる可能性は薄いですかね。

Electronic Journal

【転載開始】

■「嫌いなコメンテーター2位の称号」

 『週刊文春』2月22日号が発表した「『嫌いな』
キャスター・コメンテーター」の第2位に、政治
評論家の田崎史郎氏が選ばれたことは、
テレビの視聴者の多くが、この人物を「御用記者」
としてとらえていることを意味しています。
田崎氏に関するコメントは、次のようになります。

 ・全キャスターが中立公正であるべきとは
  言わないが、露骨な“政権の代弁者”は
  いかがなものか。(70歳・男性)
 ・ジャーナリストとして信念を感じない。
  (56歳・男性)
 ・政府広報が必要なら与党政治家を呼べ。
  (59歳・男性)
     ──2018年2月22日『週刊文春』より

 田崎史郎氏は、特定の番組のレギュラー・
コメンテーターではないのです。
その番組で取り上げられるテーマに合わせて
出演しているようにみえます。
つまり、テレビ局の番組の要請によって出演
するというかたちをとってはいますが、政権
サイドから、ある特定テーマ、例えば
「森友・加計問題」が取り上げるときは、必ず
田崎史郎氏を出演させるようにという、圧力が
かかっているように感じるのです。
そうでなければ、そんなにタイミングよく多くの
番組に出演できるはずがないからです。

 テーマについて政権側の意見を述べたいので
あれば、上記のコメントにもあるように、政権側
から政治家を出演させるようテレビ局側に要請
すればよいのです。
それを一般人のフリをした政治評論家(御用
評論家)に代弁させるのは、結果として国民を
騙すことになり、絶対にやってはならないこと
です。

 これについて、同じ政治評論家の田原
総一朗氏は、次のように述べています。
ちなみに田原氏は「好き」の順位は50位に
入らず、「嫌い」の順位では21位にランク
されています。

 報道番組の重要な役割は権力を監視する
こと。
ニュースキャスターは与党か野党かに関係
なく、間違っていると思うことがあれば、直言
すべきです。
最近はジャーナリストや評論家が、権力側や
視聴者からの評価、BPOの目を気にしている
のか、自分のコメントが番組に相応しいのか
どうか、その“許容範囲”を考えすぎている。
ネットが普及して1億総メディア化してきてる
現代だからこそ、自分の考えをテレビで伝え
たい。
     ──2018年2月22日『週刊文春』より

 ネット上では、田崎史郎氏のことを安倍首相
と会食を繰り返しているところから、
「田崎スシロー」と揶揄したり、露骨な政権擁護
発言をするため「安倍応援団」ともいわれて
います。

 この田崎史郎氏についてはこんな話があります。
田崎氏は、TBSの「ひるおび」によく出演しますが、
2016年12月9日の「ひるおび」での話です。
ちょうどそのとき、参院本会議では統合型リゾート
施設(IR)整備推進法案、いわゆるカジノ法案を
審議していたのです。
そして、いつ、いわゆる強行採決をする
かが番組のなかで討論されたのです。
このとき、政治評論家の伊藤敦夫氏も出演して
いました。

 政府自民党は、カジノ法案を12月2日の衆院
で6時間ほどの審議で強行採決し、参院に
送ってきたのです。
「ひるおび」でのやりとりを以下に再現します。
この番組のMCは恵俊彰氏、この日のコメン
テーターとして室井佑月氏も出演していました。

恵MC:今後の本会議運営とこのカジノ法案の
     採決は、どうなるのでしょうか。

田 崎:会期内の14日までには必ず成立
     させるという決意でやっていますね。

伊 藤:このスケジュールを一般の人が見て
     どう思うでしょうか。納得できないですね。
     やり方としてはねぇ。

田 崎:伊藤さんとのスタンスの違いは、いまの
     自民党、公明党という政権側はどうしようと
     しているかっていう説明をしているんです。
     で、伊藤さんはこうあるべきだっていう議論
     をしているんです。

恵MC:田崎さんは(政権を)代弁してるわけです
     もんね。

田 崎:ええ、そう、うん。代弁っていうか。取材をして、
     こうやろうとしているっていう説明をしている。

室 井:多くの「国民」が反対している。

田 崎:国民って誰のことですか。どこにいるんですか。
         ──「リテラ」/ http://bit.ly/2gDTDlv

 ひどいやり取りです。
異様なのは、明らかに安倍政権を代弁している
田崎史郎氏はあえてそれを隠そうとしないし、番組の
MCの恵俊彰氏も、それをごく当然のこととして受け
止めていることです。
これに対してリテラは次のように厳しく糾弾しています。

 カジノ法案や年金カット法案、TPP承認・関連法案
などデタラメな強行採決を連発する“悪行”を報じず
ひたすら擁護し、国民の目から問題を逸らし、
安倍政権を支える。それが田崎氏の“仕事”であり、
『ひるおび!』をはじめとする各局の報道・情報番組
の現在の姿なのだ。国家という権力の思惑を代弁
することで、事実を隠蔽し歪めていく。
それは国民の知る権利を奪い、ときにその生命や
財産を危機に貶めることなのだが、しかし、田崎
氏はそんな自覚すらないのだろう。

 こんな人物をコメンテーターに起用し続けることは
まさしく放送法違反だと思うのだが、“極端に偏った
報道”を糾弾し、岸井
成格氏を『NEWS23』(TBS)から追放した「放送法
遵守を求める視聴者の会」には、今後はぜひ、
田崎氏のこうした“偏向”問題を追及してもらいたい
ものだ。 http://bit.ly/2EQhFXD

           ──[メディア規制の実態/031]

≪画像および関連情報≫
●テレビで安倍擁護連発、田崎史郎時事通信
  特別解説委員

 自民党の単独過半数、さらに改憲勢力で発議に
必要な3分の2に届く勢いなど、与党の優勢が
伝えられる参院選。安倍政権がこれだけデタラメな
政策を連発しているにもかかわらず、相変わらずの
支持率をキープしているのは、やはりなといっても、
応援団マスコミによる“安倍ヨイショ”のおかげだろう。

 その筆頭と言えるのが、田崎史郎・時事通信社
特別解説委員だ。
田崎氏といえば、『とくダネ』(フジテレビ)や『ひ
るおび!』(TBS)、『直撃LIVEグッディ!』(フジ
テレビ)などワイドショーをいくつも掛け持ちし、
まるで安倍首相になりかわったかのように
政治報道を解説している人物。
たとえば、昨年の安保法制国会の際には『みんなの
ニュース』(フジテレビ)で共演したSEALDsの
奥田愛基氏をフジと結託して騙し討ち。
『ひるおび!』では作家の室井佑月が多くの
国民が反対しているなかで強行採決したことを
批判すると、「『国民』て誰のことですか?
どこにいるんですか?」と嘲笑い、野党を「デモの
人たちの手前、反対をするしかないんですよ」と
一方的にヤジった。また最近でも例の「保育園落ちた」
ブログについて保育園不足をお受験問題と意図的に
すりかえるトンデモ論をぶち安倍政権を擁護し
ていた。             http://bit.ly/29x93CN

【転載終了】

*************************

 田 崎:国民って誰のことですか。どこにいるんですか。
どこかの、「こんな人たち・・・」発言と同じですね。

 田崎氏をご存じない方もおいででしょうから、
ご尊顔を張り付けておきます。

E794B0E5B48EE58FB2E9838EE6B08F-thumbnail2.jpg 


 安倍首相は「佐川を絶対に守れ!」と
官僚にハッパをかけているという。
首相は「佐川君こそ官僚の鑑」といって
いるらしい。
首相は佐川氏を「後で問題になることを
承知で首相を守るためにウソをついた」
といっているらしい。
野党もナメられたものである。
自民党は守れると確信しているという。

 上記内容は、平野浩氏のツイートですが、
「佐川を絶対に守れ!」
「佐川君こそ官僚の鑑」
「後で問題になることを
承知で首相を守るため
にウソをついた」・・・

 安倍首相は、佐川氏が「嘘をついた」と
認めているということでしょうか?

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR