Sputnik日本

【転載開始】

■カナダで米国製品不買運動
 トランプ・トルドー両首脳の対立激化が反映

 カナダでは、トランプ米大統領と
ジャスティン・トルドー首相の意見対立
が激化したことを受けて、国民の多くが
米国製品の不買運動を開始し、
米国への旅行、入国を拒否している。
CTVが報じた。

 米国、カナダの政府間の意見対立が
激化したのはここ数週間で、米国が
スチール、アルミの輸入関税を導入
対象国のリストにカナダを含めたことが
発端。
加えてトランプ氏が強硬に求めている
北米自由貿易協定(NAFTA)のカナダ、
米国、メキシコ間の交渉が難航している
ことも火に油を注いでいる。

 カナダ国民の間ではSNS上でハッシュタグ
 #BuyCanadian (国内製品を買おう)、
 #BoycottUSProducts (米国製品はボイコット)、
 #BoycottUSA(米国をボイコット)が盛んに用い
られており、消費者に「カナダの尊厳を守ろう」
という呼びかけがなされている。
CTVの報道によれば、こうした米国製品の
不買運動への呼びかけは効果を発揮しており、
カナダ国内ではすでにカリフォルニアワイン、
フロリダ産オレンジ、ケンタッキー産バーボンが
売れなくなってきている。
またスターバックス、スーパーマーケット・チェーン
の「ウォルマート」、マクドナルドといった
米国ブランドのチェーン店も拒否対象となった。

 トルドー首相は12日、農園主らとのイベントの
席で「ここ数日、愛国的気運の高まりが見受け
られる」とコメントしている。

【転載終了】

**********************

 イタリアでは親ロシアの政権が発足し、
ドイツをはじめ、フランス等EUの米国
離れが進んでいる状況のような感じです。

 米国のイラン核合意離脱は、ロシアに
とっても好都合というところでしょう。

 ましてや、エルサレムのイスラエル首都
問題でイスラム圏全体を敵にした感がある
が、状況によっては米国よりのサウジも離れる
かも?

スポンサーサイト

田中栄の国際ニュース解説

【転載開始】

■在韓米軍も在日米軍も撤退に向かうから抜粋

 米国のトランプ大統領が6月7日、
シンガポールで6月12日に行われる
米朝首脳会談で、朝鮮戦争を正式に終結
させる合意文書に、米朝が署名する可能性
がものすごくあると表明した。
金正恩を米国に招待することも言及した。

 トランプは、朝鮮戦争の終結宣言について
「これは多分(米朝間の諸問題の中で)簡単
に解決できる部分だ。そのあとに、難しい
部分が出てくる」とも言っている。

 トランプは、訪米した安倍首相との会談後
の記者会見の中でこれを述べた。

 安倍はトランプに、北朝鮮と和解しないで
ほしいと言いに行ったのに、トランプから
米朝和解に対するやる気満々を見せつけ
られて終わった。

■在日米軍を存続するなら中国脅威論の扇動が
 必要なのにやってない。ということは・・・

 在韓米軍の撤退が決まったあと、在日米軍も
撤退ないし大幅縮小するのだろうか。
日本にとって最重要な問題はそれだ。

 私の分析では、残念ながら(笑)、在韓米軍
だけでなく、在日米軍も全撤退に向かっている。
そう考えられる理由の一つは
「日本にとっての脅威の喪失」だ。
冷戦でソ連がなくなった後、在日米軍にとっての
「敵」は、北朝鮮と中国である。

 今回、このうち北朝鮮の敵性が失われる。
残るは中国だけだ。
もし米国が今後も日本に米軍を駐留させ続けるなら、
米国と日本が一緒になって「中国の脅威の扇動」を
加速せねばならない。
中国の脅威といっても、南シナ海など日本から遠い
場所はダメだ。
尖閣諸島から台湾にかけての東シナ海における
中国の脅威が扇動されることが必要だ。
扇動があるなら「北朝鮮が敵でなくなった後、中国を
敵として在日米軍を存続させるつもりなんだな」と
考察できる。

 だが実際には、米国も日本も最近、東シナ海に
おける中国の脅威を扇動しなくなっている
(南シナ海では扇動されている)。

 日本と中国は、尖閣諸島など東シナ海での日中
の軍事対立を避けるためのホットラインを6月8日
に開設した。
在日米軍が今後も駐留するシナリオに沿うなら、
ホットラインなんか作ってはダメだ。

 米朝和解後の唯一の在日米軍の存在理由で
ある「中国の脅威」を、まさにこれから好戦的に
扇動すべき時に、日本自らが緩和させてしまって
いる。
東京中心部の駅前の右翼(=軍産と官僚機構の
手下)の中国嫌悪的な演説も、最近あまり聞こえ
ない。
これらはまるで、トランプがすでに在日米軍の撤退
を安倍に伝えて(示唆して)おり、安倍は仕方なく
中国との敵対を緩和することにした、といった感じだ。
この傾向は昨夏からのものだ。 

 もう一つ、トランプが金正恩との会談のあとに、
ロシアのプーチン大統領との会談を画策している
ことも、トランプが在韓米軍だけでなく在日米軍
までも撤退しそうな流れを感じさせる理由だ。
米大統領府は最近、米露首脳会談の準備をして
いることを認めている。

 プーチンは、親露派であるオーストリア政府に、
ウィーンで米露首脳会談をやりたいのでホスト役
をつとめてほしいと要請した。
米朝が終わって一段落すると米露首脳会談が
行われ、トランプが米国(軍産)のロシア敵視に
風穴を開ける可能性が高まっている。

 おまけにトランプはG7サミットの前夜に
「G7はロシアを再招待してG8に戻るべきだ」と
言い出した。
親露政権ができたばかりのイタリアが即座に
賛成を表明した。
これはトランプの「G7潰し」の策であると同時に、
欧州を「ロシア敵視・対米(軍産)従属」から
「親ロシア・反米」に押しやろうとする策だ。

 これらが奏功すると、ロシア敵視・米国覇権の
国際組織であるNATOに対する欧州の支持が
失われ、NATOと米国覇権の解体につながる。
トランプは、G7での米国の主導性を破棄し、
米国のロシア敵視戦略を壊し、NATOも解体
しようとしている。

 イラン核協定からの離脱や、アフリカでの米軍
特殊部隊の縮小などと合わせ、トランプは
ユーラシア西部からの米国の撤退、覇権放棄を
広範に展開している。 

【転載終了】

************************

 今までとは全く真逆の米国の世界戦略で
あり、ちょっと戸惑いを隠せませんが、ご紹介
してみました。

 一方、桜井ジャーナルでは、米国の世界支配
戦略は変わらないと紹介しています。


News weak

【転載開始】

■プーチン「欧州諸国、対米貿易問題で私の忠告無視した報いに直面」
 2018年6月9日(土)

 ロシアのプーチン大統領は7日、毎年恒例の
テレビを通じた国民との対話で、欧州諸国に
対して自身が何年も前に米国が自己のルール
を押し付けてくる危険を忠告したのに無視した
ことで、彼らは今その報いを受けていると強調
した。

 プーチン氏は、米国が先週欧州連合(EU)と
カナダ、メキシコに適用した鉄鋼・アルミニウム
の輸入制限と、経済制裁を同列視した上で
「われわれのパートナーは、輸入制限と制裁と
いう逆効果を生む政策が自分たちに決して降り
かかってこないと思っていたようだ。
だが現在、現実化しつつあることが分かる」と
語った。

 プーチン氏は、2007年のミュンヘンにおける
演説で、米国が例外扱いを要求する姿勢の
高まりと、他国に自らのルール受け入れを
強いるリスクを警告していたと説明。
それがまさに足元で起こりつつある現象であり、
当時はだれも聞く耳を持たず、こうした動きを
止めようとしなかったと嘆いた。

 「だから言ったのに」というメッセージはロシア
の実業家向けにも発せられた。
富豪のロマン・アブラモビッチ氏が英国でビザ
更新に苦闘している問題について質問された
プーチン氏は、かねてから国内の実業家に
海外に資産を置いたままにしておく危険を指摘
していたと答え、「私はロシア企業が国内に資本
をとどめておくべきだと提言していた」と話した。

 プーチン氏はロシア経済については「正しい
方向に進んでいる。力強い経済成長に向かう
足取りをたどり始めた。今の成長は緩やかで
小幅だが、落ち込んでもいない」と楽観的な
見方を示した。

 ロシア中央銀行は、今年の成長率を
1.5─2%と予想している。

 一方プーチン氏は、サッカーのワールドカップ
開催中にウクライナが東部の親ロシア派に
軍事攻撃を仕掛けるなら、ウクライナは苦痛を
受けると主張。
「挑発行為が起こらないと期待するが、もし起き
ればウクライナの全般的な国家としての地位に
非常に深刻な影響が及ぶと思う」と強くけん制
した。

 またロシア軍部隊のシリア駐留は、国益が
存在する限り続ける意向を明らかにした。

 今年国民から寄せられた質問には、反政権
指導者のアレクセイ・ナバルニー氏がなぜ
大統領選の候補者登録を認められなかったのか、
また軍に予算がつぎ込まれても一般国民には
回すお金がない理由は何か、といった厳しい
内容も含まれ、プーチン氏が回答を避ける場面
も見られた。

[モスクワ 7日 ロイター]

【転載終了】

***********************

 欧州をロシア側に取り込みたい思惑が
透けてますが、ロシアの富豪の資産が
海外に流出するのを食い止めたいのも
本音ですね。

 ロシアは、ソチ五輪に乗じて、ウクライナ
のクーデターを米国が仕掛けることを予測
しており、逆にそれを利用し、ロシア寄りの
クリミアを併合してしまいました。

 クリミアは、ロシアにとって軍事的な意味
合いからも、地政学的価値が高いのです。

 米国は逆に、ロシアのクリミア併合は国連
でも反対意見が強かったのに、自ら併合の
チャンスを与えてしまったことになりますね。

 今回は、ロシアでのサッカーワールドカップ
開催で何か起こるのではと注目されています。


News weak

【転載開始】

■G7サミットは「アメリカ抜き」で?

 <サミット直前に鉄鋼・アルミの追加関税
を打ち出したアメリカに、フランス、カナダ
などの同盟国は怒り心頭。マクロンからは
「アメリカ要らない」発言も飛び出した>

 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、
カナダ・ケベック州シャルルボワで8日から
開催される先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)
を前に、「(G7が)6カ国になっても構わない」と
発言し、必ずしもアメリカは必要ではないという
考え方を示した。

 カナダのジャスティン・トルドー首相と共に
カナダで会見したマクロンは、ドナルド・トランプ
米大統領の孤立主義的政策に断固として反対
する姿勢を見せた。

 「G7のうちアメリカを抜いた6カ国の市場を合わ
せれば、アメリカの市場より大きい」とマクロンは
述べ、「我々が考えのまとめ方を知れば、世界
覇権は生まれない。
そして、我々は世界覇権を望んでいない」と発言
した。

 またマクロンは、トランプの孤立主義について
「現在の米大統領は、孤立することも気にしない
ようだが、我々も必要であれば6カ国になることを
厭わない」

 サミットは現地時間の8日からカナダ・シャルルボワ
で、アメリカ、フランス、カナダ、イギリス、ドイツ、
イタリア、日本が参加して開催されるが、ほとんどの
国がアメリカの追加関税をめぐってトランプ政権と
対立関係にある。

 トランプ政権は5月31日、鉄鋼に25%、アルミニウム
に10%の追加関税をかけると発表。
ヨーロッパ各国などアメリカと貿易関係がある諸外国
は、これに対して即座にアメリカ製品への報復関税
を課すと発表した。

 トルドーもアメリカの追加措置を、
「まったく受け入れ難い」と非難。
「カナダとアメリカの長らく続く安保協力関係への侮辱、
特にアメリカと共に戦って死んだ数万のカナダの戦友
たちへの侮辱だ」と手厳しく批判した。

【転載終了】

************************

 西側諸国もアメリカの身勝手な振る舞いに
我慢できなくなってきたのでしょうかね?


 アメリカ言いなりの安倍首相(日本)にも

あきれているのでしょうね。



NHK NEWS WEB

【転載開始】

■EU 難民受け入れ制度の改革で“分断”露呈
 2018年6月6日

 EU=ヨーロッパ連合は加盟国から不満が
出ている現在の難民受け入れ制度の改革に
向けて協議しましたが、意見が対立して結論
を出せず、難民政策をめぐる分断が改めて
露呈しました。

 EUは5日、ルクセンブルクで内相会議を開き、
中東やアフリカなどからの難民を受け入れて
いる現在の制度の改革に向けて協議しました。

 現在の制度では、難民が最初に到着した国
が申請を受け付け、EU各国は人口やGDP=
国内総生産の規模などに応じて受け入れ人数
を分担することが義務づけられています。

 ただ、中東やアフリカからの難民のいわば
玄関口となっているイタリアやギリシャは、
大きな負担を強いられていると改革を求め、
ポーランドやハンガリーなどの中東欧諸国は
難民受け入れの分担を拒否し続けています。

 5日の内相会議でも加盟国の意見が大きく
食い違い、結論を出すことができず、難民政策
をめぐるEUの分断が改めて露呈しました。

 EUの執行機関にあたるヨーロッパ委員会は、
今月末のEU首脳会議までに改革案をまとめる
としています。

 ただ、厳しい難民政策を掲げるイタリアの
新政権のサルビーニ内相は「イタリアはEUの
難民キャンプではない」と述べて、妥協しない
姿勢を鮮明にするなど調整が難航を極める
のは避けられない情勢です。

【転載終了】

**********************

 EUの分断危機ですね。

 移民や難民の受け入れは難しい問題で、
EUは移民問題でイギリスが離脱、他の
EU加盟国の離脱もあり得ますね。

 前にイタリアやフランスもEU離脱の
可能性があると記事にしましたが、
日本も移民政策を打ち出していますが、
慎重な検討が必要だと思います。

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR