日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■新証拠で大ウソ確定 安倍首相は獣医学部計画を知っていた
  2018年5月23日

 「首相案件」はもはや揺るぎようがない。
メガトン級の決定的証拠が出てきた。加計
学園問題をめぐり、中村時広愛媛県知事
が21日、安倍首相が3年前に加計孝太郎
理事長と面会した際、獣医学部新設につい
てやりとりしたことを示す新たな公文書を
国会に提出したのだ。

 内容はまさに驚天動地。
加計獣医学部計画について「知ったのは
2017年1月20日」という安倍首相の
国会答弁がウソ八百だったのは明々白々だ。

 愛媛県が国会に提出した27ページにわたる
公文書を日刊ゲンダイも入手。
文書には、加計学園から県への報告内容が
記されている。

 15年3月の報告書には、同月3日、学園から
の報告として〈2/25に理事長が首相と面談
(15分程度)〉とあり、加計理事長が獣医学部
について安倍首相に説明したと書いてある。
安倍首相の主張する計画を知った時期より
2年も前に、直接、加計理事長から計画を
聞いていたのである。
そのうえ、〈首相からは「そういう新しい獣医大学
の考えはいいね。」とのコメントあり〉と、
安倍首相が前向きなリアクションを示したことまで
明記されていた。

 その続きには〈柳瀬首相秘書官から、
改めて資料を提出するよう指示があった〉とも
書かれていた。
柳瀬唯夫元首相秘書官は10日の予算委参考人
質疑で、15年4月2日に学園関係者と面会した
ことを認め、「アポイントがあればなるべく会うよう
にしていた」などと取り繕っていたが、自ら積極的
に学園側に資料を出すよう求めていたのだ。

 一方、加計側も獣医学部新設に向け、相当
焦っていたらしい。
当時、新潟市が獣医学部新設に積極的だった
ことや、〈下村博文文科大臣が一歩引いたスタンス〉
であることを不安視し、愛媛県にも官邸へ働き
かけることを要請している。
とりわけ、当時の認可権者である下村文科相が
学部新設に後ろ向きな姿勢を示していることに
危機感をにじませていたようだ。

 そこで焦った加計は、内閣府との面会アポも
積極的に取り付けていた。
15年3月の〈獣医師養成系大学の設置に係る
内閣府及び首相秘書官訪問について〉と題さ
れた報告書には、〈学園から内閣府の藤原次長
との相談日程が4月2日11時30分に調整で
きた〉〈学園としては柳瀬首相秘書官に4月2日
午後3時から説明したい〉と記されていたのだ。

■「贈収賄」疑惑に発展も

 この愛媛県の公文書を読む限り、柳瀬氏が
ウソをつき続けていたのは、安倍首相の虚偽
答弁を取り繕うことだけが目的ではなかったの
だろう。
国家戦略特区諮問会議の議長である安倍首相
に“利害関係者”である加計理事長が飲食代や
ゴルフ代を供応した疑いまで浮上し、ヘタを
すれば安倍首相が「贈収賄」に問われる可能性
があるからだ。

 首相動静によると、第2次安倍政権発足の
翌13年以降、安倍首相はたびたび加計理事長
と会食。
15年2月25日の「いいね」以前に4回、
都内高級店で一緒に飯を食い、以降も計7回
会食している。
ゴルフは計4回だ。
安倍首相は会食費やゴルフ代について
「先方が払うこともある」と答弁していて、
加計獣医学部新設計画を知った上で「ゴチ」
されていたのであれば大問題だ。

 「今回明らかになった愛媛文書は、安倍首相が
学園の構想を知っていたことを裏付ける内容です。
仮に飲食代、ゴルフ代を払ってもらっていれば、
安倍首相は職務権限者としての責任を問われる
ことになる。贈収賄や受託収賄事件に発展する
可能性も考えられます。愛媛県知事はもちろん、
加計理事長以下、学園関係者も国会に招致し、
真相を明らかにすべきです」
(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

 加計学園は、「理事長が15年2月に総理と
お会いしたことはございません」とコメント。
安倍首相も加計理事長との面会を否定した。
では、愛媛県がこれだけの詳細な記録を“捏造”
したというのか。
加計理事長の証人喚問は必須だ。

【転載終了】

***********************

 安倍内閣を支持する3割の国民以外は、
安倍内閣のお粗末な嘘を分かっています。

スポンサーサイト

スポニチ

【転載開始】

■日大広報部コメント「QBつぶせ」は事実も“誤解”
 「思い切って当たれ」の意味 監督の指示否定
 5/22(火) 配信

 アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、
関学大QBを負傷させた日大DL宮川泰介選手
(20)が22日、東京・千代田区の日本記者クラブ
で謝罪会見を開き、経緯や心境を赤裸々に告白。
これを受け、日大広報部はこの日夜、文書で
コメントを発表した。

 宮川選手は悪質プレーの背景に、
19日付で辞任届が受理された内田正人前監督
(62)とコーチの指示があったことを明らかに
したが、日大広報部は「コーチから『1プレー目で
(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったという
ことは事実です」と認めたがものの「ただ、これは
本学フットボール部においてゲーム前によく使う
言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』と
いう意味です」と説明。
「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと
心苦しく思います」と弁明。
言葉足らずにより「つぶせ」の捉え方の違いが
招いた結果だとし、監督の指示を否定した。

 日大は15日付の関学大への回答書でも
「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きた
ことが問題の本質」としていたが、宮川選手は
会見で「(乖離はなかった?)はい。自分としては、
そういう意味(相手にケガをさせること)としか捉え
られなかった。もうやるしかないと…」と当時の心境
を率直に語った。

 宮川選手が顔や氏名を公表して会見に臨んだ
ことについて、日大広報部は「厳しい状況にあり
ながら、敢えて会見を行われた気持ちを察するに、
心痛む思いです。本学といたしまして、大変申し訳
なく思います」と“謝罪”。
内田前監督との関係について、宮川選手が
「そもそも、お話する機会が本当にないので、
信頼関係と呼べるものは分からないです」と
語った通り、日大広報部も「本人と監督は話す
機会がほとんどない状況でありました」と認め
「宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーション
が不足していたことにつきまして、反省いたして
おります」と釈明した。

 日大広報部のコメント全文は以下の通り。

 アメリカンフットボール部・宮川選手の会見について

 2018年5月22日

 本日、本学アメリカンフットボール部の宮川泰介
選手が、関西学院大学フットボール部との定期戦
でルール違反のタックルをし、相手選手にケガを
負わせた件につきまして、心境を吐露する会見を
行いました。厳しい状況にありながら、敢えて会見
を行われた気持ちを察するに、心痛む思いです。
本学といたしまして、大変申し訳なく思います。

 会見全体において、監督が違反プレーを指示
したという発言はありませんでしたが、コーチから
「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉
があったということは事実です。ただ、これは本学
フットボール部においてゲーム前によく使う言葉
で『最初のプレーから思い切って当たれ』という
意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずで
あったと心苦しく思います。

 また、宮川選手が会見で話された通り、本人と
監督は話す機会がほとんどない状況でありました。
宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが
不足していたことにつきまして、反省いたしており
ます。

 日本大学広報部

【転載終了】

***********************

 日大のツイッターにもかなりの批判が殺到
しているようです。

 「内田前監督と井上コーチは、申し開きが
あるのなら、速やかに会見を開いてください。
事実だけ話してくれればいいので、調査とか
書類とか不要です」

 「1学生がここまで勇気を出したんだぞ!
日本大学広報の人間よ!ちゃんと逃げ
ないでコメントしろよ!同じ人間なら!」

 「受験者数は減るだろうな。もはや日大の
パブリックイメージは最悪」などと対応の
不備を指摘する声が目立つ。

 該選手が会見したことを受け、

 「会見見てるか?彼を追い詰めたのは
日大アメフト部指導者、そしてお前ら広報
だぞ 指導者の強制的な指図があったと
言いながらも、自分の非を認め、残った
部員やアメフト自体を守ろうとしてるじゃ
ないか!ここまでのしっかりした会見を
どう感じる?」

 「まだまだ20歳の子供なのに全ての責任
を背負わされて、胸が痛みます。謝罪会見、
どんなに怖い思いをしているだろうか」

 「当該選手の会見。無数のフラッシュ・好奇
の目で見られる中、本当に勇気のいる行動
だと思う。怪我をさせたのは事実だからそこ
は許されることではないが、俺はキミを応援
してるぞ!!頑張れ!!」
と会見した当該選手の姿勢を評価する声も
あった。

 日大広報のコメントも、退場処分後の日大
の監督やコーチの態度を見ればプレーを
承認しているような感じです。
広報コメント自体が単なる言い訳になって
しまいます。

 日大側の対応の悪さが目立ちますね。


NHK NEWS WEB

【転載開始】

■愛媛県新文書 “3年前 加計氏が安倍首相に
 獣医学部構想説明” 5月21日 

 加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、
愛媛県は、3年前に柳瀬元総理大臣秘書官
が官邸で学園側と面会したことに関連する
県の新たな文書を21日に国会に提出しま
した。
文書には、学園側からの報告内容として
「3年前の2月末、加計理事長が安倍総理
大臣と面談し、獣医学部の構想を説明した」
などと記載されています。

 加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、
柳瀬元総理大臣秘書官は、今月行われた
衆参両院の参考人質疑で、愛媛県今治市
が国家戦略特区に提案する2か月前の
平成27年4月2日に官邸で学園側と面会
したことを認めました。

 愛媛県は、担当者がこの面会に同行した
と説明していて、参考人質疑を行った参議院
予算委員会が、県に対して、面会の内容や
経緯が把握できる文書を提出するよう求めて
いました。

 これを受けて、愛媛県は、当時の資料を
調べ直した結果、平成27年2月から3月に
かけて作成した新たな文書が見つかったと
して、21日午後、参議院事務局に提出しま
した。

 愛媛県は内容を明らかにしていませんが、
NHKが入手した文書には、当時、県が学園
側から受けた報告の内容として、
「平成27年2月25日、理事長が首相と15分
程度面談。理事長から獣医師養成系大学空白
地帯の今治市に設置予定の獣医学部では、
国際水準の獣医学教育を目指すことなどを
説明。
首相からは『そういう新しい獣医大学の考えは
いいね』とのコメントあり」と記載されています。

 さらに、同じ年の3月に、学園と今治市が協議
した結果の報告として「加計理事長と安倍総理
大臣の面談を受けて柳瀬氏から資料を提出する
よう指示があった」と記載されています。

 このほか、4月2日に総理大臣官邸で面会した
際の柳瀬氏の発言をまとめたとするメモには、
柳瀬氏が「獣医学部新設の話は総理案件に
なっている。
なんとか実現を、と考えているので、今回内閣府
にも話を聞きに行ってもらった」と発言したと記載
されています。

 今回、新たな文書を提出したことについて、
中村知事は午後5時半すぎに取材に応じ、
「国権の最高機関の国会から、与野党合意のうえ、
関連文書を出してほしいと要請があったので提出
した」と述べ、文書の今後の扱いは国会に委ねる
考えを示しました。

■安倍首相の説明

 安倍総理大臣は、加計学園の獣医学部新設の
計画について初めて知ったのは、学園が国家戦略
特区の事業者に選定された去年1月20日だと国会
で繰り返し説明してきました。

 また、去年7月の衆議院の予算委員会で、
加計学園の理事長が長年の友人であることを問わ
れると、安倍総理大臣は「『時代のニーズにあわせ
て新しい学部や学科の新設に挑戦していきたい』
という趣旨の話は聞いたことがあるが、『獣医学部
をつくりたい』、さらには『今治市に』といった話は
一切無かった」と述べました。

 さらに、今月14日の衆参両院の予算委員会で、
柳瀬氏が獣医学部新設をめぐり3年前に学園側
と3回面会したことを問われると、「柳瀬氏から
報告は受けていない」と述べました。

■柳瀬元秘書官の説明

 柳瀬元総理大臣秘書官は、今月10日に行われた
衆参両院の参考人質疑で、3年前の4月2日に
総理大臣官邸で加計学園の関係者と面会したことを
認めました。

 しかし、面会した一行の中に愛媛県と今治市の
担当者がいたかについては、「会った記憶はない」、
「10人近くの随行者の中にいたのかもしれない」と
述べていました。

 一方で、学園の関係者とは、詳しい日付は覚えて
いないとしたうえで、3年前の4月2日以外にも同じ
年の2月か3月に1回と、今治市が国家戦略特区に
提案する6月4日の前後に1回の合わせて3回、
総理大臣官邸で面会したことを明らかにしました。

■自民 二階幹事長「疑念残らないよう対応を」

 自民党の二階幹事長は記者会見で、
「機会を得て、報告を聞いてみたいと思っており、
これからの国会審議でも、疑問や疑念が残ら
ないようにしっかり対応していきたい。疑問が
あれば、しかるべき時に尋ねてもらえれば、
安倍総理大臣が納得のいく答弁をすると思う」
と述べました。

 また、二階氏は、愛媛県の中村知事の国会招致
について「それぞれの委員会が判断して、お越しを
願いたい時には、そういう意見を言ってもらえばいい。
われわれの側から直接、意見を申し述べるべきでは
ない」と述べました。

■立民 辻元国対委員長「柳瀬氏の証言がうその
 濃厚な証拠」

 立憲民主党の辻元国会対策委員長は国会内で
記者団に対し、「『柳瀬元総理大臣秘書官の証言
がうそだった』という濃厚な証拠が出てきたと思うし、
『1国の総理大臣が国会や国民に対し、うそをつき
通してきたのではないか』ということにつながると
思う。『うそをうそで上書きして、書き直そうとしても
無理だ』ということだ」と述べました。

■国民 玉木共同代表「核心的な疑惑出てきた」

 国民民主党の玉木共同代表は国会内でNHK
の取材に対し、「『加計ありき』がより鮮明になったし、
『一連のストーリーは安倍総理大臣の指示から始ま
ったのではないか』という極めて核心的な疑惑が
出てきた。この疑惑を明らかにすることなく、ほかの
重要法案の審議は到底できない。安倍総理大臣、
加計理事長、愛媛県の中村知事ら関係者に一堂に
予算委員会の集中審議に集まってもらい、真実を
しっかり話してもらわなければならない」と述べま
した。

■公明 石田政調会長「国会審議の中で議論に」

 公明党の石田政務調査会長は記者団に対し、
「詳しく把握していないので、これから精査を
しないといけない。文書自体が、どういうもの
なのか、よくわからないので、国会審議の中
で議論をしっかりしていくことになるのでは
ないか。国民の中ではふに落ちていないと
思うので、国会でしっかり説明していかな
ければならない」と述べました。

■共産 小池書記局長「総理の進退に関わる重大
 な文書」

 共産党の小池書記局長は国会内で記者団
に対し、「安倍総理大臣の進退に関わる重大
な文書だ。文書を見ると、安倍総理大臣と学園
の加計孝太郎理事長の会談がすべてのスタート
台で、安倍総理大臣が『いいね』と答えたことで、
すべての話が始まった。『加計ありき』どころか
『安倍ありき』だ。国会で虚偽答弁を続けてきた
安倍総理大臣の責任は極めて重大で、解明なし
では何も進まない」と述べました。

■維新 馬場幹事長「特別委で集中審議を」

 日本維新の会の馬場幹事長は国会内で
NHKの取材に対し、「資料の事実関係は確認
していないが、事実であれば、今までの安倍
総理大臣の説明が違っていることになる。
説明の場を作り、きちんと真相究明していく
ことが必要で、国会に特別委員会を設置して
集中的に審議すべきだ」と述べました。

■加計学園 首相との面会否定

 加計学園は「一部報道で伝えられているような、
理事長が2015年2月に総理とお会いしたことは
ございません。今治市の国家戦略特区申請に
かかる手続き及び、本学園の獣医学部開設設置
認可手続きが適正に行われ、その結果、昨年
11月14日に設置が認可され、今年4月3日に
晴れて入学式を迎えることができました」とする
コメントを出しました。

【転載終了】

***********************

 こんな不毛なやり取りは、日本政界しかみられ
ないかも。

 世界があきれるのも当然です。


 小沢一郎氏が「安倍総理が醜い嘘をつけば
つくほど、真実は後から追いかけてくる。総理
が1日その職にあれば、その分だけ行政が腐る。」
と言っていますがそのとおりですね。


Business Journal

【転載開始】

■子どもの数増加は東京都のみに、全都道府県で…
 鳥取は東京の21分の1で最下位

 山歩きの取材で高知や宮崎を訪れたとき、
どこへ行っても道ですれ違う子どもたちが、
見知らぬ中年男性の筆者に大きな声で
「おはようございます」「こんにちは」とあいさつ
してくれた。
沖縄の離島にある小学校の前で掃除をして
いた男の子もそうだった。
家庭や学校での教育が行き届いているの
だろう。
都会の子どもたちとの違いに驚き、感心させ
られる。

 その子どもたちの人口が減り続けている。
総務省統計局が5月5日の「子どもの日」に
ちなんで発表した「人口推計」によると、4月1日
現在の子どもの数(15歳未満人口)は1553万人
(男子795万人、女子758万人)で、前年比17万人
減となっている。
子ども人口は1982年以降、実に37年連続の減少
となった。
統計を取り始めて以降、過去最低である。

 総人口1億2653万人に占める子どもの割合は
12.3%で、こちらは44年連続の低下である。
戦後直後の1950年には35.4%と、総人口の
3分の1を超えていたが、1965年には総人口の
4分の1になった。
その後、第2次ベビーブーム期(1971~74年)に
わずかに上昇したものの、1975年から再び低下。
1997年には65歳以上人口の割合(15.7%)を
下回って15.3%まで下がった。そして2018年は
12.3%と、過去最低を記録した。

 実数でみると、1950年代の子ども人口は
3000万人近い水準だった。
1996年に2000万人を割り込み、ついに1553万人。
1500万人を割り込むのは時間の問題だ。

■子どもの数が増えたのは東京都のみ

 都道府県別でみると、子どもの数が前年比で
増えているのは、なんと東京都のみ(昨年10月
1日現在)。
子ども人口が100万人を超えているのは東京都
(154万2000人)、神奈川県、愛知県、大阪府の
4都府県。
大都市圏への人口集中現象と一致している。

 子ども人口がもっとも少ないのは鳥取県で
7万2000人。
以下、高知県8万人、徳島県・島根県8万5000人、
山梨県9万9000人と続く。
10万人未満はこの4県。

 都道府県の総人口に占める子どもの割合を
みると、もっとも高いのは沖縄県(24万7000人)
で17.1%。次いで滋賀県14.1%、佐賀県13.7%
となっている。
もっとも低いのは秋田県(10万1000人)で10.1%。
次いで青森県11.0%、北海道11.1%と続く。

 子ども割合の下位グループには、子ども人口が
もっとも多い東京都が11.2%で下から4番目にある。
5番目は子ども人口が46位の高知県で11.3%。
唯一、子ども人口が増え、絶対数でトップの東京都
と、絶対数下位から2番目の高知県が、子ども割合
では同水準なのだ。

■人口4000万人以上の国で日本は子ども割合が最下位

post_23411_3.jpg 

 気になるのは国際比較。国連人口統計年鑑
(2016年)や各国のHPに掲載されている最新数値を
ベースにした国際比較(人口4000万人以上の国)
では、推計時点に相違はあるものの、日本の12.3%
は32カ国中最下位だ。
日本に近い水準の国は、韓国13.1%、ドイツ13.2%、
イタリア13.5%などがある。
中国は16.8%、ロシアは17.0%、アメリカは18.9%と
なっている。

 経済成長が著しいアジア諸国はどうか。
ベトナム23.8%、インドネシア27.8%、インド30.8%と、
いずれも高水準。
インド、インドネシアは日本の2倍以上である。
ちなみに、もっとも高いのはタンザニアの44.4%、
次いでナイジェリアの41.8%となっている。

 一連のデータをどう受け止めたらいいのか。
日本は、少子高齢化に歯止めがかからず、
国内の市場規模は先細る一方。
労働力人口も減少していくため、国内消費だけで
なく国内生産力も大きく落ち込みかねない。
AI(人工知能)の普及だけでは補い切れないだろう。
一方、アジアの成長国は子どもたちが成長して
いけば、経済だけでなく国力そのものが飛躍する
可能性がある。

 子ども人口が少しでも増えるような施策に本気で
取り組まないと、日本の将来は極めて厳しい。
不祥事続きで国会がまともに機能しないこの国の
政治・行政の実態を見せつけられると、残念ながら
希望は見えてこない。
(文=山田稔/ジャーナリスト)


【転載終了】

***********************

 自民党政権は、団塊世代後から人口削減
計画がはじめました。

 途中で、検証をおこなって修正をしてこな
かったツケがいまきているのでしょうか?

 どんどん地方(市単位)の限界集落化が
進んできています。


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■“蚊帳の外”気にして…安倍首相が画策する米朝会談現地入り
  2018年5月21日

 来月12日にシンガポールで開催が
予定されている史上初の米朝首脳会談。
安倍首相が当日、現地入りするのでは
ないかという仰天情報が飛び交っている。
政府は、外務省の金杉憲治大洋州局長を
派遣する方針だ。

 さんざん対北「圧力」を唱え、北朝鮮との
対話を拒否してきた安倍首相が、
今になってノコノコ出かける理由は何なのか。

 「安倍さんは北朝鮮問題で“蚊帳の外”と
いわれていることを非常に気にしています。
政権が気をもんでいるのは、中国や韓国が
米朝会談に何らかの形で参加すること。実際、
その可能性はゼロじゃありません。そうなると、
日本はますます『置いてきぼり感』が強くなって
しまう。中国と韓国が現地入りするなら、とに
かく自分も行って『一緒の写真に納まりたい』
と考えているようです」(外交関係者)

 要するに、蚊帳の外と批判されないように
したいというワケだ。
一説には、安倍首相は24日から訪問予定の
ロシアで、プーチン大統領に
「一緒にシンガポールに行こう」と呼びかける
のではないか、とか、米朝会談が行われる
隣の部屋で待っているつもりらしい、といった
話も流れている。

■金正恩に会えるのか

 問題は、たとえ現地入りしたとして、
金正恩委員長に直接会うことができるのか、
「蚊帳の外とバカにされたくない」という動機
だけで、外交成果なんて期待できるのか、
ということだ。

 元外交官の天木直人氏はこう言う。

 「安倍さんは、行くなら、金正恩と会わなけ
れば、みっともなくて帰ってこられないでしょう。
『拉致被害者全員の即時帰国』と意気込んで
いる以上、手ぶらで帰国できるはずがない。
成果ゼロでは、ただの恥さらしですからね。
かといって、従来通り圧力一辺倒の主張を
繰り返しに行くだけでは融和ムードに水を
差すことになる。北は『拉致問題は解決済み』
という立場です。仮に安倍さんがシンガポール
に行くとして、どのような“成果”を持ってこられ
るか見モノですね」

 「外交の安倍」を自負しているようだが、
安倍政権の5年間で拉致問題は何も進展して
いない。
北朝鮮とコンタクトするルートすらない。
「北京の大使館ルートを通じて対処」
「米国と完全に一致」などと壊れたレコードの
ように唱え続けているだけだ。
とうとう、金正恩から「日本はなんで拉致問題
を直接言ってこないのか」と揶揄される始末で
ある。
どこが「外交の安倍」なのか。

【転載終了】

**********************

 まあ、あまりみっともない真似だけは
しないようにしてほしいものです。

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR