朝日新聞DIGITAL

【転載開始】

■日本の科学技術「力が急激に弱まった」 白書を閣議決定
 2018年6月13日

 政府は12日、科学技術について日本の
基盤的な力が急激に弱まってきているとする、
2018年版の科学技術白書を閣議決定した。
引用数が多く影響力の大きい学術論文数の
減少などを指摘している。

 白書によると、日本の研究者による論文数は、
04年の6万8千本をピークに減り、
15年は6万2千本になった。
主要国で減少しているのは日本だけだという。
同期間に中国は約5倍に増えて24万7千本に、
米国も23%増の27万2千本になった。

 また、研究の影響力を示す論文の引用回数
で見ると、上位1割に入る論文数で、
日本は03~05年の5・5%(世界4位)から、
13~15年は3・1%(9位)に下がった。

 海外の研究者と共同で書いた論文ほど注目を
集めやすいが、日本の研究者は海外との交流が
減っている。
00年度に海外に派遣された研究者の数は7674人
だったが、15年度は4415人に。
海外から受け入れた研究者の数も、00年度以降は
1万2千~1万5千人程度で横ばいを続けている。

 白書は大学に対し、会議を減らして教員らが
研究に割ける時間を確保することなどを提言。
政府には研究への十分な投資や、若手研究者が
腰をすえて研究に取り組める「環境の整備」などを
求めた。(小宮山亮磨)

【転載終了】

************************

 日本は、競争力などあらゆる数字が
下がっており、日本の力が急激に落ち
てきているようです。

 さらに、人口減少が追い打ちをかける
可能性がありそうですね。

 それこそ、海外に何十兆円というバラ撒き
をやめ、国内に使って立て直さないと、
手遅れになるかも。

 ジム・ロジャースが言うように、安倍首相
は歴史に名を残すでしょうね。

 日本を破壊した男として。

スポンサーサイト

日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■公明党からも会見要求 与党内で狭まる加計理事長“包囲網”
  2018年6月9日

 いつになったら会見するのか――。
安倍首相の“腹心の友”である加計学園の
加計孝太郎理事長(写真)のことだ。
愛媛県今治市に新設された獣医学部を巡り、
学園側が安倍首相と理事長の“ウソ”の面会
を県や市に伝えていた問題で、理事長の
説明を求める声が与党内から噴出している。

 公明党の井上義久幹事長が8日、
加計問題について「当事者が何らかの形で
説明責任を果たすことが、国民の理解を
得る意味で必要」と発言。
これまで、“反安倍色”の強い石破派を中心
に自民党内から理事長の会見を求める声
が出ていたが、とうとう公明も同じことを言い
出したのだ。

 公明の支持母体である創価学会の中には、
加計学園の対応を疑問視する会員も少なく
ない。
それを無視できなくなったのだろう。
与党内からの要求で、理事長に対する
“包囲網”が狭まると同時に、安倍も追い
込まれている。

 腹心の友を差し出すのか、連立を組む
「身内」の声を無視するのかの瀬戸際だ。

 ところが、そんなピンチを知ってか知らずか、
当の学園は、国会からの文書提出の依頼を
受けて、7日の参院予算委にペラ紙1枚を
提出しただけ。
安倍首相と理事長の面会をでっち上げたこと
を改めて謝罪したが、「(2人が)会食した事実
もない」と回答。
紙1枚でお茶を濁そうなんて、国会をナメすぎだ。

 「加計理事長は相手に話を合わせてしまう
性格だそうです。周囲は、記者からの厳しい
質問にちゃんと受け答えできるか不安視して
いるようで、表に出られないのです」
(加計学園関係者)

 とはいえ、このまま記者会見を開かなければ、
問題を長引かせるだけだ。

 「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表
の黒川敦彦氏がこう言う。

 「去年の3月からずっと加計理事長の説明を
求め続けていますが、住民説明会にすら出て
きたことがない。フザケタ話ですよ。国会や
マスコミに紙1枚で対応する組織のトップが、
まともな説明を出来るかは疑問ですけどね」

 会見してもしなくても、安倍首相にとっては
頭の痛い話だろう。
与党内の反発が高まり続けるのか。
腹心の友にかかっている。

【転載終了】

**********************

 全ては、安倍首相の往生際の悪さ
でしょうかね。

 当初、今井氏など側近が「夫人の関与
を認め、謝罪してしまいましょう」との進言
を拒否、「関与があったら、首相を辞任、
政治家も辞める」という言質が長期に続く
国会の混乱になったようです。

 全ては、首相の「考えなし」の姿勢による
ものが、嘘に嘘を重ねることになり、この
「考えなし」が国内外の混乱(失敗)のもと
です。


風刺画 

情報速報ドットコム

【転載開始】

■安倍晋三首相がまた朝日批判!
  森友報道に「朝日らしい惨めな言い訳」とコメント

 安倍晋三首相がフェイスブックに朝日新聞社を
批判するコメントを書き込みました。
これは朝日新聞が6日の朝刊で森友学園の
小学校設置趣意書について、「安倍晋三記念小学校」
との記載を間違えだったと訂正した件に対する批判です。

 朝日新聞の記事を引用する形で自民党の和田政宗
参院議員が「結局誤報となったわけだが全く謝罪なし」
などと取り上げたところ、安倍首相がコメント欄に
「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。
予想通りでした」と書き込んでいました。

 安倍首相がコメントをしたことにも驚きだと言えますが、
その内容にも唖然としてしまいます。
一国のトップが特定のメディアを名指しで批判している
わけで、首相としての姿勢に疑問を感じるところです。


【転載終了】

*************************

 トランプとやることがそっくりですよね。

 「首相たるものバカなことをやるな」と
言いたいのですが、堪え性がないのでしょうね。
ご自分の品位を落としていることに気づかない
のが痛いですね~。

 だから、トランプ以外の先進国首脳が相手に
しないのですが。

 また、自民党の議員のレベルの低さも問題ですが。

 朝日には、圧力に負けないでほしいとは思います。


Record china

【転載開始】

■幸せってなに?戦争ってなに?愛ってなに?
  日本の子どもたちの回答が中国ネットで反響呼ぶ
   =「子どもたちの言う通り」「泣きそうになった」


 2018年2月4日、環球時報の微博アカウントは
「子どもたちは実は哲学者なのだ」と題し、
日本のあるCM動画を紹介した。 

 紹介されたのは琉球銀行のCM「こどもと哲学」。
CMでは小学校低学年くらいの子どもたちに、
さまざまな質問を投げかけている。
「幸せってなんだろう」という質問には、
「自分のやりたいことができる」
「お母さんと自転車に乗れる」などの回答が。
「大人ってなんだろう」という問いには、
「赤ちゃんを産む人」「背が高くて、優しくて、頭が良い人」
「子どもの憧れ」、「子どもってなんだろう」という問いには、
「勉強したり、学校行ったり、ご飯食べたりする」
「元気でおっちょこちょい」といった回答が出た。 

 また、「自由ってなんだろう」という問いには、
「宿題があまりなくて、ずっと遊ぶこと」、
「生きるってなんだろう」という問いには、
「人が人を支え合うこと」「しゃべったり、動いたり、
息をしたりすること」、
「戦争ってなんだろう」という問いには、
「爆弾が落ちてくる?」「けんかが起こるとどんどん
悪くなってきて、戦いになる」、
「愛ってなんだろう」という問いには、
「好きな人を大切にすること」「寝ていて家族とギュー
している時が好き」など、子どもたちが自分で考え、
自分の言葉で回答している。 

 環球時報は、「心に響くこの日本のCMは、子ども
たちが自らの理解をもとに幸福や愛、大人、子ども
といった抽象的なものを定義している。
子どもと哲学との関係は、われわれが想像して
いるよりも奥深いかもしれない」とコメントを添えて
紹介している。 

 中国のネットユーザーからは「確かに(子どもたちの)
言う通りだ」「子どもの言うことは本当の話ばかり」
「生きるとは、人が支え合うこと…ああ、忘れてたな」
「純粋無垢な発想こそ人の心を打つよね」
「子どもたちの心には雑念が少ないから、物事の本質
が見える」「最後の答えを見たら、泣きそうになった」
といったコメントが寄せられた。 

 また、「大人たちよ、覚えてるか?子どものころに
最も嫌いだった大人、最もなりたかった大人の姿を」
「大人は利害でしか物事を考えられない。
子どもこそ、善悪をわきまえている」と、大人と子どもの
違いに言及するコメントも少なくなかった。
(翻訳・編集/川尻)

【転載終了】

**************************

 間違いだらけの大人代表として、
安倍首相に聞かせたいことですね。

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR